まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
鈴木由美

幸せと健康づくりのプロ

鈴木由美(すずきゆみ)

一般社団法人健康支援フレッシュ・キラリ

コラム

寒い冬、上がる血圧をどう管理する?

働く人の健康相談

2018年1月18日 / 2018年8月16日更新

寒中お見舞い申し上げます。
大寒を前にして寒い日々が続きます。

東北の中でも仙台は温かい方
風は冷たいですけど
積雪は、ほとんど0
それでも、寒さは格別なのです。
外は寒くても家の中はぽかぽかの北海道とは違うのです。
家の中だって寒いのです。
玄関
トイレ
お風呂場
廊下
家の中、丸ごと暖房のおうちってどのくらい普及したかしら?


この家の中の寒暖の差が、身体にきくのです。
お布団とお部屋の寒暖差もです。
夜中とか明け方にトイレに起きる
脳卒中注意!
です。

それだけで
脳卒中になるわけではありません。
その日のリスクは高まります。

普段の血圧値が正常でも
朝方に急に上がると身体に悪い
最近は「血圧サージ」という言葉が出てきました。



血圧値は様々な要因で20~30mmhg変動する。
上げる要因が重なると
血圧の急上昇しょうを起こす。
場合によっては深刻な健康被害が起きる。
つまりは「脳卒中」


血圧を高くする要因は
この寒さの他に
・飲酒
・睡眠不良
・ストレス
・煙草
・コーヒー
など

なので
対策は、これらの血圧を上げる要素を重ねないこと。

一つ一つ上げれば

①保温 特に首を温める。
②適度な飲酒  一日日本酒なら1合、焼酎なら1/2合
③良眠 最低でも5時間以上は寝て欲しい。7時間を切るならお昼寝も。
④ストレスマネージメントする。
⑤煙草 禁煙とは言いません。でも血管を収縮させるので、④出来てていない状態での使用は危険かと。
⑥コーヒー 利尿作用あります。体を冷やす作用もあります。
⑦食事 温野菜や適塩がおすすめ。血管を丈夫にするコレステロールも上手にとる。
⑧運動  散歩がおすすめ。骨に刺激を与えることやふくらはぎにしっかり筋肉がついていることで血圧が安定してきます。
など、

その他、性格傾向として頑張り屋さん、生真面目な人、頑固な人は上がりやすようです。
あまりやりたくないことも、頑張ってやり切ってしまう。
そのためにアドレナリンを分泌して、交感神経が優位な状態に。
交感神経が優位な時は血圧は上がります。
仕事を嫌々やらないというもの大事なことですね。

(⋈◍^◡^◍)b  もっと深く知りたいあなたへ

レッツクリック!
さらに気づきの連鎖反応が起きまくる
●情報先取りの無料メルマガ 
●健康教室&波動ワーク等

この記事を書いたプロ

鈴木由美

鈴木由美(すずきゆみ)

鈴木由美プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木由美プロのその他のコンテンツ