マイベストプロ宮城
新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(しんかわひろと)

フリースクール コルネット

新川弘人プロのご紹介

フリースクールは、子どもたちの一つの選択肢(1/3)

新川弘人 しんかわひろと

学校が、必ずしも子どもの居場所でなくていい

 文部科学省が2018年10月に公表した2017年度の児童生徒問題行動・不登校調査によると、宮城県の1000人当たりの不登校児童生徒数が2年連続の全国ワースト1位、いじめ認知件数はワースト3位という結果が出たことをご存じでしょうか。
 不登校やいじめの問題が起こったとき、親はどうすればいいのでしょう。子どものために言えること、それは「学校が、必ずしも子どもの居場所でなくていい」ということではないでしょうか。

 今回紹介するプロは、不器用だけどがんばっているお子さんたちの味方。子どもたちの居場所となる「フリースクール コルネット」の代表・新川弘人さんです。
 新川さんは東北大学大学院を卒業後、県立高校で国語の教師として教鞭をとっていました。ただ勉強を教えるだけでなく、進路指導や生徒指導なども行っていく中で「もう少し自由な教育を模索したい」と思ったことが、フリースクール開校のきっかけでした。
 というのも、新川さんご自身も中学生のときにいじめを経験し、高校や大学ではノイローゼになりかけたこともあったから。「私自身、学校は好きではなかったんです。だから、学校に行きたくない、行けない生徒さんの気持ちがわかる気がします。まじめで一生懸命なのに、なんだかうまくいかない、どうやって生きていったらいいのかわからない人たちの手助けになりたいんです」と話します。

 「フリースクール コルネット」の対象となるのは、高校生の学齢以上の方。「高卒認定を取りたい」「マンツーマンで指導を受けたい」「通信制高校に通っているけれど、大学受験を目指してしっかり学びたい」という方たちを新川さんが責任をもって見るので、ひとりひとりに合った「オーダーメイド」の教育を受けることができます。生徒さんは、登校時間も下校時間も自分で決めることができます。

Share

新川弘人プロのコンテンツ