マイベストプロ宮城
新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(しんかわひろと)

フリースクール コルネット

コラム

苦手の克服 その2

2020年11月20日

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

フリースクール コルネット、仙台でフリースクールと学習塾をやっています。

苦手な数学をかなり克服したUさんですが、ここにきて思わぬ壁にぶつかりました。

「三角形の合同」の授業に入ったのですが、Uさん、かなり苦戦して、「わかんない」を連発してしまいました。

私も正直言って、どのように指導していいのかわからなくなりました。

「三角形の合同」については、あきらめざるをえないか、とも思いました。

しかし、これまでの4か月以上にわたる指導で、私も気づいていました。Uさんが「わかんない」を連発しているときは、ほんとうは「わかりたい」のだということを。

何か突破口はないか考えました。

すると、一つのことに気づきました。

「2辺が5cm、6cm、あいだの角が60°の三角形」など、具体的な数字が入っていると、Uさんは「三角形の合同」を理解できるのです。しかし、数字がなくなって、AB=DEみたいな形になるとわからなくなるのです。

それなら、Uさんの壁は、具体的な数字がなくなるところにあるのではないか。

この仮説に基づき、次のように指導してみました。

まず、ホワイトボードに5cm、6cm、7cmの3辺の数値が入った2つの三角形(△ABCと△DEF)を書いて、合同を確認しました。そして、7cmを消してしまい、同じ長さの辺を示す記号(○)をいれたうえで、

「いまこの辺(BC、DE)の長さは、何cmかわからなくなってしまいました。でも、この辺(BC)とこの辺(DE)が同じ長さだということだけはわかっています。さあ、この三角形(△ABCと△DEF)は合同でしょうか、合同ではないでしょうか」

Uさんはちょっと考えて「合同」と答えました。

さあ、突破口が開けました。

この後は、

「何cmかはわからないけれど、この辺とこの辺は同じ長さだとわかっています」
「何度かはわからないけれど、この角とこの角は同じ大きさだとわかっています」

のオンパレードです。

Uさんは次々と合同を理解していきました。

Uさんが「わかんない」を連発したのが、「三角形の合同」の1時間目。私が壁に気づいたのが、その時間の終わり頃。そして壁をどんどん突破したのが、2時間目。

三角形の合同に著しい苦手意識を持つUさんですが、見事にまたワンランクアップしてくれました。

指導者冥利につきるところです。

フリースクール コルネット
https://cornet-fs.biz/

#フリースクール
#学習塾
#仙台
#不登校
#小論文

この記事を書いたプロ

新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(フリースクール コルネット)

Share

コラムのテーマ一覧

新川弘人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-721-3045

 

FAXも同じ番号です。
電話受付の時間は、原則として月、火、木、金の12:00~19:00です。
受付時間外でも、代表の新川がいるときには電話を取ります。
なお、出張等により不在の場合があります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新川弘人

フリースクール コルネット

担当新川弘人(しんかわひろと)

地図・アクセス

新川弘人プロのコンテンツ