マイベストプロ宮城
新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(しんかわひろと)

フリースクール コルネット

コラム

トランペットの指使い

2020年2月25日

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

31歳のころ、私は初めて、高校の吹奏楽部の副顧問となりました。自分が経験したことのある部活動にやっとたずさわることができ、うれしかったです。そして、副顧問になったのを機に、トランペットをプロの方に習いはじめました。こちらは15年以上のブランクがあり、完全に初心者に戻っていました。


そのころ、その吹奏楽部には、外部コーチとしてある先生が指導に来てくださっていました。その先生とある曲のある部分で、トランペットのメンバーにどの指使いをさせるかで、意見が割れたことがあります。ちょっと、つっこんだ話になりますが、トランペットは音が高くなると、「替え指」と言って、別の指使いでも出せる音が多くなります。その曲のその部分は音も高く、音符が細かいので、どの指使いを選択させるとミスが少なく吹きやすいかという話で、意見が割れたのです。


私のトランペットのレッスンがあった日、たまたまそのことを思い出したので、プロの先生にどちらの指使いがいいか、聞いてみました。すると、答えは即座に返ってきました。


「吹ければ、どっちでもいいよ」


ひじょうにあっさりしたものでした(笑)。その後、その楽譜をたまたま持っていたので、先生にお見せしたところ、先生は両方の指使いでやってみて、「う~ん、僕だったら、こっちかな」と答えてくださいました。


以前のブログで、「真実はいくつもある」というようなことを書きましたが、このトランペットの先生も、そのことを教えてくださった一人です。いい意味での結果オーライ。音楽として成立するのであれば、アプローチはどれでもいい。「僕だったら」という限定つき。先生からは音楽に対する姿勢だけでなく、生き方も学んだ気がします。


ちなみに、この先生、仙台にあるプロのオーケストラの方です。


よろしかったら、ホームページもご覧ください。
https://cornet-fs.biz/


#フリースクール #不登校 #引きこもり #支援 #学習塾 #受験 #個別指導 #小論文 #現代文 #国語 #仙台 #宮城

この記事を書いたプロ

新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(フリースクール コルネット)

Share

新川弘人プロのコンテンツ