マイベストプロ宮城
新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(しんかわひろと)

フリースクール コルネット

コラム

小論文Q&A その5(たぶん完結)

2019年8月9日

Q 自分の体験を書いてもいいですか?

 もちろんOKです。自分の体験はうまくいけば、説得力ある材料になります。
 ただし。注意点があります。自分の体験だけを書いて終わってしまったら、小論文になりません。
 自分の体験は、あくまでも具体例として書きます。

Q 文の終わりに「まとめ」を書く際、最初の結論と同じことを書いてしまいます。まとめはどう書いたらいいですか?

 これ、すごく難しい問題です。先に結論を言ってしまうと、次の二通りのどちらかです。
① とにかく表現を変えて(ずらして)まとめる。
② まとめない。

 ①も②も抽象的でわかりにくいですね。これを理解するには、うまい人の小論文や模範解答をたくさん読む必要があります。理屈で言っても、わかりにくいのです。本や新聞で意見を述べている人が、実際にどのようにして文章の最後を締めくくっているか、注意して読んでみてください。

 気をつけなければいけないのは、②の場合、文章が尻切れトンボにならないようにすることです。どういう文章が尻切れトンボなのかは、これもなかなか理屈で説明できないのですよね。あるすばらしい音楽について、文章で説明しても伝わらないのと同じです。すばらしい音楽は聴かないとわからないし、すばらしい文章も読まないとわかりません。たくさんのよい小論文や意見文、エッセイに接し続けるしかないと思います。

Q 漢字を間違えたら、何点減点されますか?

 「全日本採点基準統一連盟」というものがあるわけではないので、大学などによってまちまちだと思いますが、私の知っているパターンを二つあげておきます。

① 漢字ミス一つにつき、マイナス1点。ただし、同じミスについては何度繰り返しても、最初のマイナス1点で終わらせる。何度もマイナスはしない。
② 基本的には漢字ミスが一つくらいあっても、いちいち減点しない。ただし、あまりにも誤字が多いようならば、「漢字の能力がない」という形で、若干減点する。

 いずれにせよ、漢字のミスよりも論理や表現のミスの方が、減点されやすいです。採点者は、漢字の書き取りの採点をしたいのではなく、小論文の採点がしたいのです。


※ 一応、小論文Q&Aは、今回で一応の完結とします。また、他の大事な質問が出てきたら、書くかもしれませんけれど。

この記事を書いたプロ

新川弘人

フリースクールで、頑張る生徒を支えるプロ

新川弘人(フリースクール コルネット)

Share

新川弘人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-721-3045

 

FAXも同じ番号です

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新川弘人

フリースクール コルネット

担当新川弘人(しんかわひろと)

地図・アクセス

新川弘人プロのコンテンツ