マイベストプロ宮城
峯岸和男

もの・こと・ひとに込められた想いをデザインで結ぶプロ

峯岸和男(みねぎしかずお) / ブランディング・ディレクター

株式会社カラビナ

コラム

用の美とブランディング

2021年5月31日

テーマ:ブランディングとデザイン

コラムカテゴリ:くらし



シンプルだから見えてくる「良さ」。


先日ベランダに置くテーブルを探していると、
IKEAでとても良いものに出会いました。

魅力的だと思った点は下記の5点です。

①天板は非固定式で取り外してそのままトレーとして使える。
②使わない時に天板を裏返しておくち、屋外でも粉塵の堆積を防ぐことができる。
③洗った場合、洗い場を占有することなく②の状態で乾かせる。
④1,999円でコストパフォーマンスに優れている。
⑤六角ネジが5つのみ(レンチ付)で組み立てが簡単。

北欧はそれぞれの国ごとに文化が異なりますが、
スゥエーデンはこういった「こと×もの」の工夫がとても上手で、
安価な素材でもいいところをきちんと引き出して
実用性と美しさを融合させるのが得意な国だと思っています。

このような「用の美」を備えたデザインは、
それだけで暮らしの質が豊かになった気になりますし、
そういった思想が根付いていると思うと体感したくなります。


ブランディングに俯瞰した視点と引き算の発想を。


良いところを見極め、美しくまとめる。
心地よく空間、時代、社会に溶け込むような企業や事業活動。

ことブランディング(リブランディングも)においては
CI(コーポレートアイデンティティ)のなかの一部として
VI(ビジュアルアイデンティティ)という領域があります。
まさにブランドの内容とイメージを視覚的に違和感のないものに
仕立てていく設計プロセスはプロダクトと同じです。

企業であればすべての根幹である経営理念と
それを具体的にするための行動指針の再考からはじまり、
事業が目指すゴールや本質が何かを
もう一度、俯瞰して引き算で見直してみると、
時代に左右されない本質的な価値を
社会に提供し続けられるようになるはず。

良くしようと思って足してきたことがたくさあると思います。
しかし、いつのまにか本質はその中で
埋もれてしまっているかも知れません。
ガラクタだと思っていた中に、
新しい価値が生まれているかも知れません。

ものだけでなく、サービスのような「ことづくり」においても、
いくつかの本質の相乗効果によって
人々の暮らしはより豊かになっていくと
私は考えています。

何度か企画して挫折している北欧ツアー。
コロナが落ち着いた頃、是非行ってみたい。


IKEA GLADOM
https://www.ikea.com/.../p/gladom-tray-table-white-50337820/

この記事を書いたプロ

峯岸和男

もの・こと・ひとに込められた想いをデザインで結ぶプロ

峯岸和男(株式会社カラビナ)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

峯岸和男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-341-3007

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

峯岸和男

株式会社カラビナ

担当峯岸和男(みねぎしかずお)

地図・アクセス

峯岸和男プロのコンテンツ