まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
佐々木健自

犬のしつけのプロ

佐々木健自(ささきけんじ)

バークバスターズ宮城南

お電話での
お問い合わせ
0120-27-2109

コラム

犬語を理解できますか?⑭カーミングシグナル

犬のしつけ・問題行動

2012年9月20日 / 2014年6月4日更新

犬のしつけのプロ 佐々木健自です。。バークバスターズ





 今日は暑さから解放されて、涼しく過ごしやすそうですね。
 「犬語を理解できますか?カーミングシグナル⑭」です。

※間に割って入る カーミングシグナル

人間や犬の間に割って入る、という行動もカーミングシグナルです。人間同士、犬同士もしくは人と犬が

接近し過ぎたために緊張状態が生じる危険性が高まると、多くの犬は互いに接近した者達の間に割って

入り、争いを防ごうとするのです。

子供の世話をやいていたり、多くの人たちが詰めてソファに座っているいる時に、愛犬が割りこもうとした

経験は、多くの飼い主にとって身に覚えのある事ではないでしょうか。

犬達の間に緊張が走った時、犬が周囲の状況に不安や恐怖感を抱いている時、また子供が犬にとって

好ましくない接し方をしている時などは、飼い主が同じように「割り込む」ことができるのです。


『連載のカーミングシグナルはトゥリッド・ルーガス(ノールウェー)氏の著書
「犬語の世界へようこそ!カーミング・シグナル」から紹介しております。』
  
 バークバスターズは犬種、年齢、雌雄、大きさに関わらず、すべての問題行動に対応いたします。
 無料相談の電話をお待ちします。0120-272-109
 私どものホームページもご覧ください。バークバスターズ

この記事を書いたプロ

佐々木健自

佐々木健自(ささきけんじ)

佐々木健自プロのその他のコンテンツ

Share