まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
佐々木健自

犬のしつけのプロ

佐々木健自(ささきけんじ)

バークバスターズ宮城南

お電話での
お問い合わせ
0120-27-2109

コラム

犬のしつけ----「咬む」問題②

犬のしつけ・問題行動

2012年9月15日 / 2014年6月4日更新

犬のしつけのプロ佐々木健自です。 バークバスターズ



 今日も相変わらず、猛暑のようです。

犬が「咬む」理由のひとつは、「自分を守るため」です。咬む犬のほとんどが実は気が小さいのです。

人から叩かれたり、手で押えられたことがある犬は、手に対して警戒的になり、信頼を失いもしくは

恐怖心すら覚えます。飼い主が撫でようとしたり、首輪をはずそうと手を近づけると、また叩かれたり

押えられるのではとの思いで恐怖心から手を咬んでくるのです。また、最近は室内飼養犬が多く

飼い主がコーミングやブラッシングを熱心にされますが、それを嫌って手を咬むワンちゃんの相談が

たくさん寄せられます。(次回続く)

 バークバスターズは犬種、年齢、雌雄、大きさに関わらず、すべての問題行動に対応いたします。
 無料相談の電話をお待ちします。0120-272-109
 私どものホームページもご覧ください。バークバスターズ

この記事を書いたプロ

佐々木健自

佐々木健自(ささきけんじ)

佐々木健自プロのその他のコンテンツ

Share