まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
佐々木健自

犬のしつけのプロ

佐々木健自(ささきけんじ)

バークバスターズ宮城南

お電話での
お問い合わせ
0120-27-2109

コラム

犬語を理解できますか?⑧カーミングシグナル

犬の表情

2012年2月11日 / 2014年6月4日更新

犬のしつけのプロ 佐々木健自です。バークバスターズ



 今日の、カーミングシグナル(落ち着きをもたらす動作)は「遊びを誘う姿勢」です。
 
 犬が前足と上半身を低くして、お辞儀のような姿勢をよくとります。これをよく遊びを誘っている

 動作と言われてますが、体や足を左右にじゃれるように動かしている場合は遊びを誘っている動作

 ですが、お辞儀の姿勢でじっとしている場合は、カーミングシグナルと考えられています。
 
 つまり、他の犬や人間と友好的に接するための手段なのです。

 やや不安を感じる他の犬や他の動物(馬、牛等々)と遭遇した際にこのような動作をすることもあります。

 人ものびをする時と同じように、下方に向かって、腕を伸ばすことによってこの姿勢を取ることができます。

 犬の相手をする時は、ゆっくりと落ち着いて動作を行うことがとても大切です。


もうすぐ11歳のシェルティ(マッシュ)が子宮蓄膿症になり、卵巣・子宮除去手術を受け帰宅しました。
全身包帯(ボディスーツ)状態です。本人はどうして包帯しているのか理解してません。手術の記憶もありません。とても元気です。

 バークバスターズは犬種、年齢、雌雄、大きさに関わらず、すべての問題行動に対応いたします。
 無料相談の電話をお待ちします。0120-272-109
 私どものホームページもご覧ください。バークバスターズ

この記事を書いたプロ

佐々木健自

佐々木健自(ささきけんじ)

佐々木健自プロのその他のコンテンツ

Share