まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
佐々木健自

犬のしつけのプロ

佐々木健自(ささきけんじ)

バークバスターズ宮城南

お電話での
お問い合わせ
0120-27-2109

コラム

犬語を理解できますか?⑦カーミングシグナル

犬の表情

2012年2月10日 / 2014年6月4日更新

犬のしつけのプロ 佐々木健自です。バークバスターズ





 今日の、カーミングシグナル(落ち着きをもたらす動作)は「ゆっくり歩く、緩慢な動作」です。
 
 ゆっくりとした動き、動いているのが分からない程度の緩慢な動きなども、相手を落ち着かせる効果があります。
 
 他の犬が視界に入ったとたんに体の動きを減速するのです。また飼い主がイライラしたり、荒々しい命令口調を発した時に、自分を落ち着かせ、飼い主を落ち着かせるために動きを緩慢にする事があります。

 愛犬を呼び戻すとき、いつもはすぐに駈け寄ってくるのに、わざとノロノロとゆっくり緩慢に来ることがあります。このような時は自分の呼び戻す口調がきついのではと思い起こしましょう。飼い主は愛犬が言う事を聞かない時にだんだん口調がきつくなることを自覚しましょう。

 つまり、他の犬や人間と友好的に接するための手段なのです。

 犬が恐怖を感じているようなとき、または怖がらせないように近づく時はこの動きは有効です。

 首輪をつけたり、リードをつける、あるいは衣服を着せるときにはこちらの動きがゆっくりであればあるほど、犬はおとなしくそれを受け入れてくれるでしょう。

 犬の相手をする時は、ゆっくりと落ち着いて動作を行うことがとても大切です。







 バークバスターズは犬種、年齢、雌雄、大きさに関わらず、すべての問題行動に対応いたします。
 無料相談の電話をお待ちします。0120-272-109
 私どものホームページもご覧ください。バークバスターズ

この記事を書いたプロ

佐々木健自

佐々木健自(ささきけんじ)

佐々木健自プロのその他のコンテンツ

Share