まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
佐々木健自

犬のしつけのプロ

佐々木健自(ささきけんじ)

バークバスターズ宮城南

お電話での
お問い合わせ
0120-27-2109

コラム

犬語を理解できますか?②カーミングシグナル

犬の表情

2012年2月4日 / 2014年6月4日更新

犬のしつけのプロ 佐々木健自です。http://pro.mbp-miyagi.com/barkbusters-miyagiminami

今朝も、泉区は起床したら雪が少し積もってました。天気は時々雪降りです。


わが家の長女シェルティ・マッシュ(もうすぐ11歳)です。
わが家の長女シェルティ・マッシュ(もうすぐ11歳)です。

 トゥリッド・ルーガス女史はカーミングシグナル(落ち着きをもたらすシグナル)を「早期に事が起きることを防ぐために用いられる」と云っています。

 人や他の犬から威嚇されることを避けるため、そして不安、恐怖心、および騒音などの不快な刺激に対して対応を和らげるために用いられたりするのです。

 犬がストレス・不安を感じた時に自分を落ち着かせるために使うのです。すなわち、自分はまったくあなたに敵意を抱いていない事を知ってもらうためにこれらのシグナルを行うのです。つまり周囲の人や犬に友好的に接するための手段なのです。

 これらのシグナルにはたくさんの表情があります。「顔をそむける」「体をそむける」「鼻をなめる」「アクビをする」等々。日常の生活で犬達を見ているといろいろなシグナルを発しています。人間と同じような表情をするのでとても面白いのです。

 バークバスターズは犬種、年齢、雌雄、大きさに関わらず、すべての問題行動に対応いたします。無料相談の電話をお待ちします。0120-272-109
私どものホームページもご覧ください。バークバスターズ

この記事を書いたプロ

佐々木健自

佐々木健自(ささきけんじ)

佐々木健自プロのその他のコンテンツ

Share