まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
相澤英宏

廃車買取・中古車買取のプロ

相澤英宏(あいざわひでひろ)

廃車買取専門店 ロハス

お電話での
お問い合わせ
0120-64-0814

コラム

自動車廃車方法とは?

2012年1月23日

自動車廃車で初めてのときにはどうしたらいいかわからないことも多いはず。

自動車販売店や行政書士に頼めば1万円~3万円もお金がかかります。

費用が無料でできるのは 廃車買取専門店ロハス のような専門店です。廃車専門の会社でも有料のところがあるのでどこを選ぶかはあなた次第です。

私なら無料の方が助かるのでそちらを選びます。

いずれにしても自動車廃車手続きには準備物が必要になります。

ナンバーや車検証は想像できると思います。
そのほかには廃車したい車が普通自動車か軽自動車かで違うのです。

まずは簡単な方の軽自動車からご説明します。
軽自動車の廃車は車検証に記載されてる所有者の認め印を押した申請依頼書というものをご準備いただくだけです。

必要書類からダウンロードして申請依頼書と言う書類に押印するだけです。

申請依頼書の中は無記入の方が助かります。
1字1句間違っては廃車手続きする窓口で門前払いとなるため、プロの行政書士が代筆するのです。

普通自動車の廃車は軽自動車と違って複雑になることがあります。

車検証に記載の使用者の物は廃車手続きでは必要なく、所有者の方の書類をそろえるという点では軽自動車と考えは同じです。

この記事では亡くなっている方の相続以外のみ説明します。相続は別ページで説明します。

結婚等や養子縁組などで名字が変わっている場合は車検証本人と同一人物だということがつながる公的証明書として戸籍の謄本か抄本が1部必要になります。

住所が車検証記載の所有者の住所から印鑑証明と見比べて異なったいた場合もつながるように公的書類を準備しなくてはなりません。

住所が市町村合併などで呼び名が変更になった際にもその証明書が印鑑証明書をとる窓口に聞けばもらえます。

実際に引っ越しなどで住所が変更してある場合には1回の引っ越しであれば住民票だけで前住所が記載されてあれば大丈夫です。

引っ越した回数が2回以上のときには住民票の付表か戸籍の付表というものが必要になります。窓口で廃車に使う必要書類なので車検証の所有者住所と履歴がつながるほうで費用が安い方でと言ってご準備いただきます。

普通車は必ず所有者の印鑑証明書が1通必要です。

ここまでで 相続所有者が車やさんやローン会社の方の方以外であれば役所でそろえる分はOK完璧です。

他に必要なものは自分以外の人に廃車手続きを依頼する場合には委任状そして車についてあるナンバーと万一違う管轄の陸運局窓口でも潤滑に廃車手続きが行われるように譲渡証もあると申し分はありません。

これらの書類一式とナンバーと車検証を各陸運支局窓口にて廃車手続きをして初めて抹消された状態となります。

簡単に読んで理解するのが難しかった場合には無料で教えてくれるコールセンターを準備している廃車買取専門店ロハス の 全国総合受付窓口 0120-640-814 へお問い合わせしてみるのもいいと思います。

この記事を書いたプロ

相澤英宏

相澤英宏(あいざわひでひろ)

相澤英宏プロのその他のコンテンツ

Share

相澤英宏プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-64-0814

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

相澤英宏

廃車買取専門店 ロハス

担当相澤英宏(あいざわひでひろ)

地図・アクセス

相澤英宏プロのその他のコンテンツ