マイベストプロ三重
金谷英樹

安心快適で長持ちする家づくりのプロ

金谷英樹(かなやひでき) / 一級建築士

ゆうけい建築事務所

お電話での
お問い合わせ
0595-45-3227

コラム

テレワーク在宅勤務時代、田舎暮らし移住住宅の事例紹介と注意点

2020年10月8日 公開 / 2020年10月16日更新

テーマ:情報

コラムカテゴリ:住宅・建物

コラムキーワード: 注文住宅キッチンリフォーム浴室 リフォーム

はじめに

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、コロナ対策として、テレワークを実施する企業が増えてきています。
都心の家を離れ、郊外の広い家に住みかえる事を検討中の方も、多いと思います。
当然、テレワークができない業種の方も大勢いますが、定年後などに田舎暮らしを希望する方も含めて、最近伊賀市に移住してきた方の事例を紹介します。
また、田舎暮らしを始めるに当たり、どのような家が良いのか、考えていきます。

++絵おい合わせ・連絡方法  ラインID:idyoukei  メールはこちら++

移住場所の検討

実例の方をAさんと呼ぶことにします。
Aさんは大阪府から伊賀市に定年後、移住してきました。
大阪では庭が狭く、好きな花の生育がしにくいため、広い庭の家を探していたらしいです。
伊賀市に決めた理由は、
・移住コンシェルジュの常駐や空き家バンク制度、リフォーム補助金などの制度が充実していた
・そもそも、家、土地の値段が安かった
です。
伊賀市は奈良県、滋賀県、京都府に隣接しています。
大阪の天王寺まではJRで約1時間半、京都駅まで約1時間半です。
そんな点も良かったのでしょう。
ちなみに、ゴルフ場は、ものすごく、たくさんあります。
ゴルフ好きなら たまらない所だと思います。
(リンク:伊賀市移住交流サイト

さて、皆さんはいかがでしょうか。
山が良い。海が良い。いろいろあるでしょう。
子供がいる家庭では、子育てが優先となるでしょう。
子供が大きかったり、夫婦世帯の場合は、趣味や仕事以外の社会貢献などを優先となるでしょう。
都会までの必要距離も人それぞれ。
移住は、大きなお金がかかる事です。
慎重に、補助金なども考慮して、検討する必要があります。

住宅にかかる費用

<事例の場合>
事例の場合です。(Aさん了解済)
平屋の日本建築住宅です。
昭和57年築で、新耐震基準の住宅です。
建築確認申請書はありませんでしたが、台帳記載事項証明書を確認したので、建築確認を提出してる住宅でした。
土地は約100坪(330㎡)、建物約27坪(89㎡)の大きさです。
価格は600万円でした。
状態は、かなり良かったです。
前の持ち主の手入れが、素晴らしかったです。
既存住宅状況調査を実施しましたが、Aさんと共に、前オーナーが立会してくれました。
さらに、引渡し前に、前オーナー自身で外壁の塗装をしてくれました。
既存状況調査に付いては、伊賀市から補助金がありました。
良好な状態なのですが、それでも、経年劣化の改善が必要でした。
屋根・外壁・木構造・基礎は全く問題が無かったので、内装と設備の改修です。
キッチンリフォーム、バスリフォーム、内装リフォーム、断熱内窓の設置を実施しました。
その他にエアコンの設置、ウォシュレットの取り付けなども行いました。
工事費は500万円程度でした。
改修工事も伊賀市の補助金がありました。
購入とリフォーム、トータルで1100万円かかりました。
大阪の家は、売って老後資金にしたみたいです。
いくらで売れたかは、聞きませんでした。




<一般的に>
古い家は、安価な事が多いですが、注意事項が多くあります。
・売主が価格を付けるので、相場と大きく違う事がある。
 空き家バンクだからと言って、安い訳ではなく、相場の確認は必ず必要です。
・確認申請や完了検査を受けていない建物が多い。
 伝統構法建築物が多く、現在の主流構法と違う可能性が高いです。
・昭和56年7月以前の建物は、確認申請を実施していても、耐震性が脆弱。
 必用であれば、耐震診断、耐震補強を実施します。
・大きな家になればなるほど、リフォーム費用が多く必要。
 特に、屋根、壁、構造材に激しい劣化がある場合、ちょっとした家が新築できる位の費用が必要になりそうです。
・大きな家を利用する必要がある場合は、構造、屋根、壁などの劣化状況に注意。
 費用はかかりますが、専門家による調査の制度もあります。
各市町村の移住担当者が教えてくれると思います。

まとめ

田舎は農家が多く、田の水の関係から、横のつながりが強く、他所から来た人を受け入れない傾向があります。
今は、稲作も、作り手や農業法人に任せるようになって、だいぶマイルドになってきていると思います。
ただ、いまだに寄合が月に1回あるような地域も多く、移住する前に十分調べる必要があります。
移住コンショルジュに聞くなどして、都会では考えられない風習に注意してください。

田舎暮らしは自然豊かで、都会暮らしではできない事がたくさんあります。
土地が安くて、建物も大きく庭や畑もあります。
趣味の場所が近くにある場合、本当に楽しめそうです。
静かな自然豊かな環境の中で、仕事も捗りそうです。
ライフスタイルに合わせた楽しい生活ができるように、建築士として応援します。

建築日記
代表者ブログ
ツイッター

この記事を書いたプロ

金谷英樹

安心快適で長持ちする家づくりのプロ

金谷英樹(ゆうけい建築事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

金谷英樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0595-45-3227

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金谷英樹

ゆうけい建築事務所

担当金谷英樹(かなやひでき)

地図・アクセス

金谷英樹のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-10-21
youtube
YouTube
2020-05-28
facebook
Facebook

金谷英樹プロのコンテンツ