マイベストプロ三重
  1. 敬老の日のプレゼントにおすすめ!絶対外さない商品を紹介します!

コラム

敬老の日のプレゼントにおすすめ!絶対外さない商品を紹介します!

2020年9月16日 公開 / 2020年9月17日更新

テーマ:三重県の特産品

コラムカテゴリ:くらし

ヤマヤのWeb担当東條です。
皆さん敬老の日のプレゼントは決まりましたか?
ヤマヤでは自分用の普段使いにぴったりな商品のほか、特別な日に使いたい商品も取り扱っています。今回はプレゼントすると絶対に喜ばれる『外さない』おすすめ商品を紹介します。

桑名産はまぐり


はまぐりは対になっているものでしか2枚の貝がらがぴったりと合わない様子から、古くから『夫婦円満』の縁起物として親しまれてきた食材です。
一般に出回っているはまぐりは海外産のものが多く、日本産のはまぐり自体が貴重な存在です。桑名のはまぐりは高度経済成長期の生育環境の悪化のため漁獲量が激減した時期もありましたが、地元の赤須賀漁業協同組合で持続可能なはまぐり漁を目指して種苗生産や環境保全活動などに取り組み、漁獲量が回復してきた努力の結晶のはまぐりです。
桑名のはまぐりの特徴として真っ先に挙げられるのはその大きさで、大きな殻の中には身がパンパンに詰まっています。
大きいからといって大味かというと決してそんなことは無く、木曽川から流れてくる養分をしっかりと食べて育った身は、はまぐり独特の弾力ある食感と甘みが楽しめます。
祝いの席には定番のはまぐりの御吸物で楽しむのも良いですが、桑名産のはまぐりの美味しさをダイレクトに感じたいなら、焼きはまぐりや酒蒸しがおすすめです。
桑名産はまぐりのページはこちら!

志摩産の干物


ヤマヤでは定番のあじやさんまのほか、伊勢志摩地区の郷土食の『さめたれ(さめのたれ)』まで幅広いラインナップをご用意しています。
特にさめたれは過去のコラム『さめたれ』とは?伊勢志摩地方の伝統食を紹介!でも紹介していますが、ルーツは伊勢神宮の神饌として供されていたことにさかのぼり、現在では伊勢志摩地区の郷土食として根付いた、三重県でしか食べられないとても珍しい干物です。
ヤマヤで取り扱っている干物は伊勢産の醤油を使ったオリジナルのたれに漬け込んだあとに天日干しをした、手間をたっぷりかけた完全手作りの干物です。
天日干しの干物は適度に水分が残るため、干物なのにカサカサせずにしっとりとした口当たりで、冷めても美味しく食べられるのが特徴です。
味は醤油ベースですが塩辛くなく、魚の旨味が凝縮されています。このため、酒の肴はもちろん、ご飯のお供にもぴったりです。さめというとアンモニア臭などの独特の臭みを気にする方もおられると思いますが、水揚げしたあとすぐに処理するため臭みは全くありません。むしろ、白身魚のような上品な風味で、さめの厳ついイメージとのギャップに驚かれると思います。
志摩産の干物のページはこちら!

萬古焼の醤油差し


四日市市の地場産業『萬古焼』は紫泥(しで)で作られた急須が有名です。この醤油差しは、その急須作りの技術を応用した液だれしない醤油差しです。
萬古焼がどんな陶磁器なのかは過去のコラム萬古焼はどんな陶磁器?特徴など解説します!で紹介していますが、この醤油差しを作っているのはこのコラムの中にも書かれている醉月陶苑です。
醉月陶苑は伝統工芸士が3名も在籍している工房で、確かな技術による使いやすさと高い芸術性が同居する作品を多く生み出しています。
醤油差しに描かれている絵は、醉月陶苑3代目の清水醉月さんの奥様であるきし代さんがひとつひとつ手作業で描いています。この絵も四日市萬古焼独特の『盛絵』と呼ばれる技法で、よく見ると絵が立体的に盛り上がっています。この技術の継承者は現在ではほとんどおらず、盛絵が描かれた萬古焼というだけで希少な存在です。
ですが、この醤油差しの素晴らしいところは見た目だけではなく、鋭く作られた注ぎ口により液体のキレを良くして液だれしないようにしていること、蓋を深く差し込むように作られていて醤油差しを傾けても蓋が外れない、女性や力の弱い方にも使いやすい小ぶりのサイズであることなど、使いやすいように様々な工夫を凝らしているところにあります。
一度使い始めたらほかの醤油差しを使うことは出来ない、使い勝手の良さが本当の魅力です。
萬古焼の醤油差しのページはこちら!

まとめ

今回は敬老の日におすすめの商品を紹介しました。
プレゼントは気持ちが一番大事です。ですが、もしも何をプレゼントしたら良いのか悩んでいる方がおられましたら、その悩みを解消するお手伝いをヤマヤが出来ればこれ以上嬉しいことはありません。
今回ご紹介した以外にも、金魚印の手延べ麺や伊勢茶など三重の魅力がたっぷり詰まった商品を多くご用意しています。プレゼントする方の好みに合わせてプレゼントを選んでいただければと思います。

三重おすすめ観光スポットも紹介しています→おすすめスポット一覧
ヤマヤがおすすめする三重県の名産品も多く取り扱っていますので、興味が湧いた方は是非ご覧ください→ヤマヤのホームぺージ
コラムとは別に気軽に読めるブログも毎日更新中です→ヤマヤのブログ

この記事を書いたプロ

奥山俊也

三重県特産品・穴場観光地PRのプロ

奥山俊也(株式会社ヤマヤ)

Share

関連するコラム

奥山俊也プロのコンテンツ