まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
後藤宏也

顧客の求めるホームページ制作を実現させるプロ

後藤宏也(ごとうひろや)

Office HIRO(オフィス・ヒロ)

お電話での
お問い合わせ
090-1233-3737

コラム

読みやすいメールの書き方4

ビジネス豆知識

2017年12月12日 / 2018年8月18日更新

例えば、営業メールの場合、せっかく送るならば、たくさんの問い合わせが欲しいわけで・・

たくさんの問い合わせをもらえるようにする最大のポイントは、

タイトルです!


タイトルの書き方次第で、何割かのお客様が読みたいと思わず削除されてしまいます。

ざっくりと言うと、「開きたい!」と思わせるタイトルにしましょう。

例えば、迷惑メールでよくある「3億円が当選しました!」というメールが届いたことありませんか?
一瞬、「マジで!?」と思いますよね。(よ~く考えればそんなことありませんが・・)

例えば、助成金の案内メールだとしたら、
「人材息製、離職率改善に役立つ公的資金説明会のご案内」
「H29年度・秋 最新公的資金説明会を開催いたします」
「参加無料の公的資金説明会のご案内」
「中小企業に対する公的資金説明会のご案内」など

反対にNGな例は、
【要件が分からない】
冒頭でなぜメールをしたかを書き、その内容のみで文章を書く。
【着地がない】
打ち合わせをして欲しいならば、必ず日程候補を書く。


ただし、

1度聞いただけで問い合わせがバンバンくるメールは作れません!


何度も繰り返し練習、作成をしてみてください!
勉強会に参加するのもオススメです!

この記事を書いたプロ

後藤宏也

後藤宏也(ごとうひろや)

後藤宏也プロのその他のコンテンツ

Share

後藤宏也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1233-3737

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

後藤宏也

Office HIRO(オフィス・ヒロ)

担当後藤宏也(ごとうひろや)

地図・アクセス

後藤宏也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

後藤宏也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

後藤宏也プロのその他のコンテンツ