まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
後藤宏也

顧客の求めるホームページ制作を実現させるプロ

後藤宏也(ごとうひろや)

Office HIRO(オフィス・ヒロ)

お電話での
お問い合わせ
090-1233-3737

コラム

ホームページの運用についてVol.1

ホームページ 全般

2016年10月3日 / 2018年8月18日更新

みなさんは、自社・自店のホームページをお持ちですか?
このコラムのシリーズでは、ホームページを「すでに運用している」、「これからもっと活用させたい」、「新しく運用したい」方向けへ少しでも参考にして欲しいと願い、わかりやすい言葉で、もう一度ホームページを考えていただければ思い書いてみます。

当オフィスが今の事業を始めた頃は、インターネットの環境も整っていなくて、ISDNだの、ADSLだのと今の光回線に比べれば何十分の一の速度で、PCが遅いのか回線が遅いのか、ダウンロードするにもとても時間が掛かる時代でした。
その頃から急速に中小各社も自社ドメインと取って、ホームページを公開するようになりました。

その頃は、ホームページを活用して売り上げや集客を増やすという目的よりも、独自サイトを持つことがステイタスであった時代でした。それから時間も経ち、今では自社サイトがあるのが当たり前の時代になりました。
それと同時にホームページの運用目的も移り変わり、今では自社サイトをどう活用して、売り上げにつなげるか、集客するか、サイトオーナーも考える方が増えてきました。
今では、ホームページだけでなくブログやツイッター、フェイスブックなどSNSをフル活用して売り上げを伸ばしている企業やお店もあります。

では、ホームページやSNSを使って売り上げを伸ばせるかを考えてみる前に、自社サイトが今どのような状態かをサイトオーナー自身で検証してください。
大きく分けると以下の3つに当てはまりませんか?

1-1. 自社で更新作業をする
1-2. 業者に更新依頼する
1-3. 放りっぱなし(作りっぱなしで、殆ど更新しない)

1-1と1-2に関しては、更新頻度こそあれ定期的に更新されているのではないでしょうか。
1-1と1-2の企業やお店であれば、どのように活用すればホームページを有効に、売り上げアップや集客を増やすための次のステップへ進めますが、問題なのは1-3の作りっぱなしで殆ど更新をしていないホームページをお持ちのオーナー。
運用当初は頑張って更新して売り上げアップにつなげたいと意気揚々に思っていたと思いますが、月日が経ちその思いも薄れていつの間にか更新もせずそのまま放りっぱなしのホームページになってしまった。
まずは、次のステップへ進むために1-1または1-2にならなければなりません。
1-3の更新作業をしないホームページになった理由を次の中から当てはめてみましょう。

2-1. 更新作業をするスタッフがいないもしくは時間がない
2-2. 更新作業の仕方を忘れたもしくはわからない
2-3. 更新するネタがない
2-4. ホームページを活用したいと思わなくなった
2-5. 自社のホームページがあることさえも忘れた

2-4と2-5については意識改革が必要ですが、2-1~3のサイトであれば色々考え方ひとつで1-1や1-2になれると思います。
2-1~3のどれにも当てはまることですが、専門の業者に相談してみるのが一番の近道です。
更新作業をすることのモチベーションが下がっているので、自社で更新するにしても業者に依頼するにしても、一度話しをすることでモチベーションもあがるはず。
もう一度モチベーションをあげてから、今後どのようにホームページを運用していくか一緒に考えてみてはいかがでしょう。
2-2と2-3に当てはまる方も、一度相談や指導をしてもらってから、今後のことを考えてみては?
すべて自社でとお考えの方は、すでに2-○には当てはまっていないはずですから!


次回は、自社サイトの今後の運用について考えてみましょう。

この記事を書いたプロ

後藤宏也

後藤宏也(ごとうひろや)

後藤宏也プロのその他のコンテンツ

Share

後藤宏也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-1233-3737

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

後藤宏也

Office HIRO(オフィス・ヒロ)

担当後藤宏也(ごとうひろや)

地図・アクセス

後藤宏也のソーシャルメディア

facebook
facebook

後藤宏也プロのその他のコンテンツ