まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
森秀樹

家族が幸せになれる家づくりのプロ

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

コラム

平屋の気になるプライバシー。中庭の設置がおすすめ。

「外からの視線が気になっていつもカーテンを閉めている」というのでは、平屋の良さが半減してしまいます。そこでおすすめしたいのが「中庭」です。

古い日本家屋に学ぶ

窓から入る日差しを浴びながら家族とリビングでゆっくり過ごしたい。しかし、リビングから隣家を見上げたら2階にいる人と目が合ってしまった。それで、急いでカーテンをしめ、以来リビングにはいつもカーテンが・・・。念願の平屋住まいを始めたというのに、こうなってしまっては困りますね。

平屋はプライバシーの確保が難しいと言われますが、その対策はあります。

たとえば、上方からの視線に対して「軒」を少し深くする方法があります。「軒によってリビングが陰になってしまうのでは?」と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、窓があれば十分に日差しを取り入れることができ、日中リビングの室内灯をつける必要はありません。プライバシーを保ちつつ、日差しを取り入れることができます。

太陽の光や熱、そして、風。自然を上手に取り入れる住まいの設計をパッシブデザインと言います。
自然を上手に取り入れることで、エアコンなど冷暖房機にあまり頼らない生活、快適であると共に環境への配慮も兼ね合わせた住まいを目指すものです。

日本家屋の軒は優れた「パッシブデザイン」の一つです。軒を設けると、家の外壁に直射日光が当たる面積が減り、家が熱くなるのを防ぎます。そのことがたとえば夏、クーラーの使用をおさえることにつながるってきます。
また軒は、高く上がる夏の日射しを遮り、冬は低くなった太陽の光を取り入れることができる、先人から受け継がれた住まいの知恵です。

日本家屋の軒は家に美しい線を与え、その点でも優れたデザインですが、プライバシーの確保と環境への配慮も兼ね備えているわけです。

庭が持つ役割・機能

アメリカの地方都市を舞台にした映画を見ると、平屋の家が多いことに気づきます。アメリカは広い国ですから、土地を大きくとれるせいかもしれません。
家の前に芝生をたっぷりとって、プライバシーを確保しているのにも気づきます。また、大きな木を植えている家も多くみられますが、これもプライバシーの確保に役立っているでしょう。

日本の平屋の場合も庭の植栽はプライバシーの確保に有効です。塀を設け、少し丈の高い木を植えることで、外からの視線を防ぐことができます。
木々の緑によって視線を遮るのは、高い塀で家を囲むのにくらべ、周囲に与える印象が穏やかですから、近隣とのお付き合いという点でもいいでしょう。

家に「庭」はつきもので、多くの方が庭つきの家をのぞみます。庭の草花や木々がもたらす美的な感動、自然を身近に感じる喜び、土や緑に触れる愉しみ。庭は生活に潤いを与える重要な「役割」を持っていますが、同時に、プライバシーの確保という、これも生活にとって欠かせない「機能」を持っていると言えるのです。

庭の植栽、目隠しの木々は、庭が持つその機能をより高めるものと捉えることもできます。

中庭のある暮らし

平屋のプライバシーを考えるうえでおすすめしたいのは「中庭」です。「コ」の字型の平屋で、真ん中の庭を囲むスタイル。
この場合、外に開いているのは一面だけになりますから、プライバシーを確保しやすくなります。
開いているところに塀と植栽を施すだけで、プライバシーを確保することができるでしょう。

また、中庭があることで、家の中のどの部屋にも日差しを取り入れることができ、家全体に風を通すこともできます。

ガーデニングがご趣味の方にとってはとてもいいプランだとおもいます。丹精を込めた中庭を、プライバシーが確保された状態でゆっくり眺める、心がなごむ贅沢な時間ではないでしょうか。

また、ある程度、土地の広さがあるなら「ロ」の字型の中庭も十分、検討に値します。「ロ」の字型に中庭を設けると、外からの視線を気にせず庭を楽しむことができます。
庭を囲む面をすべて掃き出し窓にすると解放感が生まれますし、採光、通気性も確保できます。

ただ、「ロ」の字型の中庭は排水面で気をつける必要があります。集中豪雨など大雨が降った際、ロの字型の中庭に水が溜まってしまうことも考えられるからです。中庭から家の外へ排水できるよう、排水面を十分にプランニングしておきましょう。

スペイン風の中庭を「パティオ」と言います。リビングやダイニングとつながった空間で、タイルが張られ、家族や親しい友人との食事、団らんなどに使われます。ウッドデッキやテラスとは違う独特の雰囲気があり、最近では住宅にパティオを取り入れる方も増えてきています。
プライバシーを守りつつ採光も確保できます。このパティオを平屋に取り入れるのも魅力的です。

中庭やパティオによってプライバシーと豊かな時間を確保する、平屋住まいをお考えであれば、ぜひ検討していただきたいとおもいます。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森秀樹

森秀樹(もりひでき)

森秀樹プロのその他のコンテンツ

Share

森秀樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

担当森秀樹(もりひでき)

地図・アクセス

森秀樹プロのその他のコンテンツ