マイベストプロ三重
  1. 四国電力は九州電力に続き、再生可能エネルギーの発電事業者がつくった電力の新規受け入れを中断検討
森秀樹

家族が幸せになれる家づくりのプロ

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

コラム

四国電力は九州電力に続き、再生可能エネルギーの発電事業者がつくった電力の新規受け入れを中断検討

2014年9月27日

テーマ:太陽光発電

四国電力は九州電力に続き、

再生可能エネルギーの発電事業者がつくった電力の新規受け入れを中断する検討に入ったそうです。

再生エネルギーの買い取りを保留するということになりそうです。

九州電力はすでに発表はされたようです。

ほかの電力会社も動きはあるようです。


売電金額が32円になって利回りが下がった事、用地の確保が難しくなったこと、電力会社の変電所や電線の空き容量が無くなってきたことが原因と考えられます。


このまま太陽光の設置が進めば、天気の良い昼間は電気が大幅にあまり、その賦課金を他の人が負担しなければならなくなります。


一方、雨の日や夜の為に電力会社は他の電源の確保も必要であり、効率運用が出来なくなってしまいます。

この現象は他の地域でも早晩訪れますことでしょう。


また接続可能なエリアでも、「バンク逆潮流――電線あるいは変電所の容量オーバー」で、連係費の負担が大幅に増えているようです。


10kw以上の設置予定を検討されている方はこれから注意が必要ですね

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森秀樹

家族が幸せになれる家づくりのプロ

森秀樹(森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社)

Share
関連するコラム

森秀樹プロのコンテンツ