まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
ウォーデル美代子

モンテッソーリ教育と英語教育のプロ

ウォーデル美代子(うぉーでるみよこ)

モンテッソーリ インターナショナルスクール

ウォーデル美代子プロのご紹介

個性を尊び自主性を育むモンテッソーリ教育とは(1/3)

テキストを持つウォーデルさん

1990年開業。モンテッソーリ教育論を渡米し約35年学び実践

 四日市市・南松本の閑静な住宅街にある、木と花が繁ったガーデンとアメリカンログハウス。ここが「モンテッソーリ教育」を実践するウォーデル美代子さんの教育の場です。アメリカ人のご主人を持つ彼女が、海外でのボランティア経験を経て幼児教育に興味を持ち、行きついたのがモンテッソーリ教育法。AMSの会員に属し、渡米中モンテッソーリ教師免許を取得。何度も渡米して大学で学びながら、四日市で教室を運営しています。写真はアメリカ時代テキスト。これで1週間分の内容だそう。
「モンテッソーリ教育というと『詰めこみの早期教育』と受け取られがちですが、実際は全く反対の教育です。成長が異なる子どもを見守り、特性を見極め、一人一人の『敏感期(一生に一度だけ起こる生物上の特徴)』をとらえて必要な時に手を差し伸べる『待つ教育』です。開校して24年、卒園生は色々な分野に羽ばたいて活躍しています」
 モンテッソーリ教育法は、マリア・モンテッソーリ(1870~1952年)というイタリア人医師が子どもを観察しながら考案した教育法です。
「モンテッソーリ教育において一番大事なことは『子供の尊重』です。年齢に関わりなく一人の人間として尊重されます。そして教室の中では自分のやりたい事は自分で選ぶという『自由』が与えられています。自分で選ぶという行為には『自主性と自立心』が発達していることが前提になります。教師は子供たちが一人でなんでもできるように手助けをします。自分のやりたいことをやることによって集中し、試行錯誤を繰り返しながらモンテッソーリ教育の最終目標である『自己教育』へと繋がっていきます」
 この一連の繰り返しが自分に対する自信に繋がっていくのだそう。モンテッソーリ教育は、今をときめく世界企業「google」や「Amazon」の創業者も受けたことで知られています。さて、どんな教育なのでしょう。教室の1日を紹介します。

ウォーデル美代子プロのその他のコンテンツ

Share

ウォーデル美代子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-321-6181

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

ウォーデル美代子

モンテッソーリ インターナショナルスクール

担当ウォーデル美代子(うぉーでるみよこ)

地図・アクセス

ウォーデル美代子プロのその他のコンテンツ