まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
世古口正臣

ユニットケア介護のプロ

世古口正臣(せこぐちまさおみ)

特別養護老人ホーム 美里ヒルズ

お電話での
お問い合わせ
059-279-5100

コラム

従来型施設とユニット型施設の16時間夜勤と8時間夜勤~基本条件と組み方の話~

ユニットケア

2017年6月11日

さて、前回のコラムでは従来型施設とユニット型施設の建物の構造の違いから夜勤体制について考えてきましたが、ここからは8時間夜勤を具体的に運用するときの条件や注意点についてご紹介していきます。

8時間夜勤がうまくいかない施設のほとんどでは、この条件をクリアしていない体制だったり、注意点を知らない組み方が下手な人がシフトを組んだりしています。けっして8時間夜勤がダメなのでなく、8時間夜勤体制を無理なくできる準備が整っていないことが原因なのです。

8時間夜勤の基本条件
8時間夜勤の組み方のポイント
8時間夜勤のシフトパターン例
繰り返しになりますが、夜勤の仕事は安眠の支援です。そのためには、以下の点を全員で共有しておく必要があります。

(1)入居者が寝てから出勤し、朝起きる前に帰る
(2)夜勤の上がりは残業せずに、残った仕事は早番にお願いする
(3)早番は夜勤に対し、お互い様という気持ちで早く帰るように促す
(4)一日の始まりは目覚めから、朝の支援は早番の仕事

8時間夜勤の組み方だけが課題であればいいのですが、基本条件がクリアしていない場合には、無理に8時間夜勤を続けるより、16時間夜勤ですすめるほうが良いでしょう。夜勤ばかりでは心身ともに負担になりますし、法定休日を確保できない自体になってしまったら大変なことです。

そのかわり、ユニット型施設で16時間夜勤を採用する場合には、流れ作業の集団ケア状態に陥りやすいため、そうならないような手立てを施設として考える必要があります。

そのようなことでお困りであれば、美里ヒルズへご相談下さい。

この記事を書いたプロ

世古口正臣

世古口正臣(せこぐちまさおみ)

世古口正臣プロのその他のコンテンツ

Share

世古口正臣プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-279-5100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

世古口正臣

特別養護老人ホーム 美里ヒルズ

担当世古口正臣(せこぐちまさおみ)

地図・アクセス

世古口正臣のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

世古口正臣のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

世古口正臣プロのその他のコンテンツ