まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
髙橋亮

23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

髙橋亮プロのご紹介

住宅の外壁だけでなく、顧客と従業員の笑顔も明るく彩る(1/3)

明彩塗装 髙橋 亮さん

技術を磨き実践し続けてきたからこそ、得られた信頼がある

「あかるく いろどる」をキャッチフレーズに松阪市を中心に県内全域で実績を積む『明彩塗装』。お嬢さまのお名前で構成された屋号が、アットホームな印象を醸し出します。代表・髙橋亮さん(41)はこの道に入って23年のキャリアを持つ塗装工のベテランです。
福島県出身の髙橋さんは中学を卒業後、地元の職業訓練校で建築大工の技能資格を取得。その後、塗装の技術を身につけるため、京都の塗装会社に就職。色彩の勉強と塗装のいろはを実践で学びならが、24歳のときに二級塗装技能士の資格も取得されました。塗装工の基本的な技術を身につけられた髙橋さんはさらなる研鑽のため、名古屋市内の塗装会社に転職。この時に人生の転機が訪れます。
「県外への出張業務が多く、現場に入ると半年ほどその地で暮らすこともありました。三重に出向いたときに現在の妻と出会ったのです」とはにかみながら話す髙橋さんは、30歳でご結婚されました。奥さまの出身地である松阪市に拠点を移し、地元の塗装会社で働きながら、少しずつ三重に慣れ親しんでいったそうです。仕事にも自信が持て、奥さまのバックアップも得られたため、33歳のときに明彩塗装を起業。15年ほどの下積みを経験し、晴れて事業主への転身です。
「実は起業してすぐに仕事の注文は取れませんでした。知り合いの同業者に応援で呼んでもらったりして、なんとかギリギリの状態で続けていました」と当時を振り返ります。仕事を続けていくうちに髙橋さんの仕事ぶりが建築業者の目にとまり、ハウスメーカーの下請仕事が回ってくるようになりました。「だいたい月に3棟くらいの受注仕事がありました。多い年は年間で140棟もの現場をこなした年もありました」と仕事の実績を積めば積むほど、顧客からの信頼は厚くなる髙橋さん。自社ホームページにもあるように「技術と誠実さで地元のお客さまに選ばれています」の一文は事実そのものなのです。現在は従業員2人と常用応援スタッフ数名と人員規模も大きくなり、さらに業務も多忙を極めてきました。「あかるく いろどる」のは住宅だけでなく、住まう家族の思い、そして働くスタッフの心も七色に輝かせています。

髙橋亮プロのその他のコンテンツ

Share

髙橋亮プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮

明彩塗装

担当髙橋亮(たかはしりょう)

地図・アクセス

髙橋亮プロのその他のコンテンツ