まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
髙橋亮

23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

コラム

外壁の劣化症状を放置するとどうなるか?

外壁塗り替え

2018年2月26日

外壁の劣化は進行度合いの順番に並べると「①艶がなくなったり、変色・退色したりする②チョーキング現象が発生する③カビやコケが発生する④ヒビ割れが起きる⑤塗装がはがれたり膨れたりといった劣化症状が出る」となります。

艶がなくなったり変色、退色、チョーキング現象は紫外線、カビやこけは湿気、ヒビ割れは壁のゆがみが原因で発生します。そしてヒビ割れが原因で塗装のはがれや膨れが発生します。

大きなヒビ割れから外壁内部に侵入した湿気や雨水により、木材やコンクリートなどが腐食したりして強度が下がります。

外壁に発生する主な劣化症状について

外壁に発生する主な劣化症状は、進行度合いの順番に並べると「①艶がなくなったり、変色・退色したりする②チョーキング現象が発生する③カビやコケが発生する④ヒビ割れが起きる⑤塗装がはがれたり膨れたりといった劣化症状が出る」といった具合になります。

順番に説明していくと、まず外壁が劣化しはじめると、外壁の塗装に艶が無くなり、色が褪せたり、薄くなったりします。

続いてチョーキング現象ですが、具体的な症状としては外壁の表面を指で擦ると白い粉が指に付着します。

カビやコケの発生では外壁の色が変わったり、大気中のゴミや排気ガスで黒くなったります。

また、外壁にヒビ割れが発生することがありますが、進行度合いによってヘアークラックと大きなヒビ割れに分かれます。ヘアークラックは毛髪程の細いヒビ割れのことで、塗膜に発生するヒビ割れです。
大きなヒビ割れは、離れた場所からでも発見できる程度のヒビ割れで、外壁自体にヒビ割れが発生している可能性があります。

塗装のはがれや膨れでは、下地が露出してしまうといった症状が挙げられます。

外壁に発生する劣化症状の原因について

艶引けや変色、退色、チョーキング現象が発生する原因として挙げられるのは、日光に含まれる紫外線です。これらの症状が出るのは塗膜が薄くなった証拠で、防水性能が低下しています。

防水機能が低下することで外壁が湿気を帯びるようになり、湿気を好むカビやコケが発生したり、汚れが付着したりします。

次に湿気を帯びた外壁が日光を浴びて乾燥すると、ゆがみが発生します。

このようなことを何度も繰り返すと、塗膜にヘアークラックが発生し、放置すると大きなヒビ割れになります。

外壁の大きなヒビ割れが原因となり、塗装がはがれたり膨れたりといった問題につながることがあります。

外壁のひび割れを放置することで起こる悪影響について

大きなヒビ割れを放置するとで、外壁内部に湿気や雨水が侵入してしまいます。外壁内部には建物の構造部材(木材)などがあり、その部材が侵入した湿気によって腐食することがあります。こういった部分が腐食し、気づかずに放置すると雨漏りや内壁にシミができるなどの症状に進む場合もあります。湿気を帯びるとカビも発生しますので、そこに暮らす人の健康にも影響を及ぼす可能性が出てきます。

また、構造部にダメージを受けると耐久性にも影響が出てきます。こういった状態で地震が発生すると、建物は倒壊する恐れもあります。

コンクリートの外壁の場合も同様で、コンクリートが雨水などの影響を受けると腐食し、強度が下がってしまい建物の寿命が短くなってしまいします。

このように、雨水は外壁内部に配置されている部材の腐食を進行させ、建物の耐久性を低下させてしまいします。

外壁のメンテナンスを怠ると腐食によるダメージのほか、シロアリの発生を招くなど、家の骨組み、土台に深刻な影響を及ぼすことがあります。

外壁の劣化を遅らせる手段について

外壁が劣化することを、ただ見ているだけではなく定期的にメンテナンスをすることで、劣化を遅らせることはできます。

外壁は空気中にあるチリや排気ガスなどによって汚れます。このような汚れを放置しておくと、外壁の塗装がはがれやすくなるので、季節ごとに外壁の表面にある汚れを、水で洗い落としましょう。

水だけで汚れが落ちない場合は中性洗剤を使って、あまり力を入れずにこすって汚れを除去してください。力を入れてこすってしまうと、塗膜が傷ついてしまうことがあるので注意してください。

また、庭に植木などが生い茂っていると外壁に日光が当たらず、風通しも悪くなってしまい、結果、外壁が湿気を含んでしまうことがあります。
湿気を含んだ外壁にはコケが発生しやすくなりますので、定期的に庭の植木などの手入れを行い、風通しを良くしてください。

また、月に1回程度は、外壁の表面にヒビ割れやはがれが発生していないが点検する習慣を付けてください。庭掃除とセットにして、外壁をチェックするのが良いでしょう。

可能であれば、ハンマーなどで外壁を軽くたたいて音の違いを比較してください。もし、軽い音がする部位があったら、内部が傷んでいる可能性があります。

また、離れた場所から眺めた程度で、外壁にひび割れやはがれが発見できたら、かなり深刻です。外壁の塗装業者に相談することをおすすめします。

この記事を書いたプロ

髙橋亮

髙橋亮(たかはしりょう)

髙橋亮プロのその他のコンテンツ

Share

髙橋亮プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮

明彩塗装

担当髙橋亮(たかはしりょう)

地図・アクセス

髙橋亮プロのその他のコンテンツ