まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
髙橋亮

23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

コラム

外壁塗り替えをdiyする方法と手順

外壁塗り替え

2018年2月24日

塗装には水洗い、養生、下塗り、中塗り、上塗り、養生はがしといったいくつかの工程があります。

水洗いを行わないと、塗料がしっかり密着しませんし、養生を行わないと美しく仕上がりません。

下塗り用塗料にはシーラーとフィラーがあり、塗料を外壁にしっかり密着するために塗ります。ローラーを使って下塗り用塗料を塗りますが、細かい部分は、ローラーで塗る前に刷毛で塗り、中塗りや上塗りも同じように行います。

中塗りは、塗膜を厚くして耐久性を向上させるために行い、上塗りは、塗り残しがないように確認しながら塗ります。

外壁などの塗り替えdiyの全体工程について

外壁などの塗り替えというとプロの塗装業者が行う作業というイメージがありますが、簡単な塗装であれば、diyで行うことができます。

日曜日などに自分で塗装すれば、建物への愛着も沸いてきます。

塗装の全体工程には、水洗い、養生、下塗り、中塗り、上塗り、養生はがしなどがあります。

外壁を塗り替える際の下準備について

外壁などの塗り替えをdiyで行う際の下準備には、水洗いと養生があります。

塗装では、塗料を塗る工程は重要ですが、それと同じくらい重要な工程は水洗いと養生です。外壁をしっかり水洗いしないと、塗料がしっかり密着しませんし、養生をしっかり行わないと美しく仕上がりません。

水洗いにはブラシが必要ですが、近所のホームセンター、インターネットのサイトで購入することができます。

まず、外壁などに付着した汚れやカビに水をかけながら、ブラシでこすって落とします。
水洗いは業者が行う下地調整と同じ工程で、業者は高圧洗浄を行いますが、簡単な塗装であれば水洗いでも構いません。

水洗いは、汚れを落として塗料と外壁をしっかり密着するように下地を作る以外に、養生でガムテープが外壁にしっかりつくように行います。

次に養生ですが、マスカー・ガムテープをはじめ、テーププライマー、ラスター(小さいほうき)といった材料が必要で、ホームセンターやインターネットのサイトで購入できます。

マスカー・ガムテープは、ビニールとガムテープが一体化したものでとても便利です。このテープを使って、塗装しない部分を覆い、塗料が飛び散らないようにします。

養生では、新聞を使うことは避けて、マスカー・ガムテープ以外では布を代用してください。この養生をしっかり行うことできれいに仕上がります。

まず、マスカーについているガムテープがしっかりつくように、ラスターを使って外壁と地面の境界にあるゴミなどを掃除します。

ゴミを掃除しても、ガムテープが上手くつかない場合は、テーププライマーを吹き付け、60秒程度待ってから、ガムテープを外壁と地面の境界ぎりぎりの部分に貼り付けます。

この時、しっかりガムテープをつけないと塗料がはみ出てきれいに仕上がりませんので、指でしっかり押しつけます。

門扉や外柵などがある場合にもしっかり養生します。

外壁の下塗りの手順について

下塗りには、下塗り用塗料をはじめ、水性用ナイロン刷毛、ローラーハンドル、ローラーネット、ローラー、ローラーバケット、下げ缶、ローラーパケットなどが必要です。

下塗り用塗料は、塗料を外壁にしっかり密着するために塗りますが、シーラーとフィラーといった種類があります。

何度か塗装を繰り替えした壁で、吸い込みが少ない場合はさらさらしたシーラー、初めての塗り替えで、吸い込みが多い場合は粘度が高いフィラーを使います。
シーラーはそのまま使い、フィラーは水で薄めますが、フィラーをどの程度薄めるかは説明書に記載されていますので必ず読んで確認してください。

外壁は平面の部分が多いので、大半はローラーを使って下塗り用塗料を塗りますが、細かい部分はローラーで塗る前に刷毛で塗ります。

下塗り用塗料は刷毛の毛の半分位を目安につけて、垂れたり、擦れたりしないように塗ります。細かい部分の塗装が終わったらローラーで下塗り用塗料を塗ります。

その際、ローラーにつけた余分な下塗り用塗料は、缶を使う場合は缶の内側、ローラーバケットとローラーネットを使う場合はローラーネットの上でローラーを転がし、落とします。

ローラーで下塗り用塗料を塗装する際は、ローラーの先端部分によって跡が残りやすいので、まず先端にある塗料を壁に塗りつけてから、その上にローラーを転がします。

ローラーは縦方向と横方向に転がし、塗りムラをなくしていきますが、塗りづらい場合は、薄めすぎない程度に水を加えます。

外壁の中塗り、上塗り、養生はがしの手順について

外壁の中塗りや上塗りには、仕上げ塗料の他、シンナー(水)、刷毛、ローラー、下げ缶を使いますが、下塗りに使用したローラーバケット、ローラーハンドル、ローラーネットは、洗浄して使用できます。

中塗りは、塗膜を厚くして耐久性を向上させるために行います。中塗りに使う仕上げ塗料は水またはシンナーで薄めますが、説明書に従って行ってください。

下塗りと同じように仕上げ塗料を外壁に塗りますが、仕上げ塗料は下塗り用塗料より粘度が低いので塗りやすいです。

上塗りは中塗りと同じように塗りますが、塗り残しがないように確認しながら、上塗りをします。

最後に養生をはがして終了ですが、ガムテープに付着した塗料が固まっていることがあるので、はがす時に慎重に行わないと、固まった塗料が飛び散ることがあるので気を付けてください。

使い捨てのローラーはハンドルから外して廃却、水性の塗料を使った場合は、刷毛は洗剤で洗浄してください。シンナー系の塗料を使った刷毛は、シンナーやボイル油に浸して保管します。

この記事を書いたプロ

髙橋亮

髙橋亮(たかはしりょう)

髙橋亮プロのその他のコンテンツ

Share

髙橋亮プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮

明彩塗装

担当髙橋亮(たかはしりょう)

地図・アクセス

髙橋亮プロのその他のコンテンツ