まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
髙橋亮

23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

コラム

外壁サイディングの風合いを生かすクリヤー塗装

外壁の色選び

2018年1月12日

住まいの外壁などに使われるサイディングボードは板状に成形された外壁材で、セメント質の原材料を使った窯業系をはじめ、金属鋼板を成形した金属系、木材に塗装を施した木質系、塩化ビニル樹脂が原料の樹脂系などがあります。

サイディングボードは軽いため住宅への負担が少ないこと、またボードを外壁に張り付けるなど施工が簡単なことが特徴で、施工費用をおさえることができるメリットがあります。

こういった外壁材には塗装を施し、耐久性を保ちます。サイディングの塗装には、クリヤー塗装と塗りつぶし塗装の方法があります。

クリヤー塗装は、透明な塗料を塗るため外壁材の色や風合いをそのまま活かすことができます。
塗りつぶし塗装は塗料の色を活かすため、外壁材の色を変えたいときなどにおすすめです。

外壁に使われるサイディングとは

近年は、板状に成形されたサイディングボードを張り合わせる方法が多くの住宅の外壁で採用されています。住宅の建設現場では、工場から出荷されたサイディングボードを下地の合板に固定していくだけなので施工が簡単です。

サイディングボードは土壁などと比較して軽いため住宅への負担が少ないこと、また施工も簡単であることから広く住宅に使われるようになりました。

多くの種類が販売されているため、価格やデザイン、素材、性能などから要望に合ったサイディングボードをセレクトすることができます。

2種類のサイディング塗装方法について

サイディングを塗装する方法は大きく分けて、クリヤー塗装と塗りつぶし塗装とがあります。
クリヤー塗装は、サイディングの表面に透明な塗料を塗りますので外壁材の色やデザインなどをそのまま残すことができます。

たとえば外壁材の色が1色だけではなく2色を組み合わせている場合、レンガ調の外壁材などデザイン性が高い場合は、色を塗ってしまうと元のデザインが活かされませんので、クリヤー塗装がおすすめです。

塗りつぶし塗装は、サイディングの表面に色が付いた塗料を施しますので塗り替える前の外壁の色合い、風合いから変化があります。いわば外壁に色を塗ることになるため、元の色は失われます。

クリヤー塗装ができる条件について

クリヤー塗装ができる条件は、新築の住宅であれば、完成してから10年未満もしくは10年前後で、外壁の表面に風化や汚れ、キズが少ないことです。というのも、クリヤー塗装は透明の塗料なので、外壁の汚れやキズは塗りつぶされることがなくそのまま残ってしまうからです。

築年数が浅い場合でも、外壁にチョーキングが発生している場合はクリヤー塗装をおすすめできません。チョーキングとは、外壁の塗膜が劣化し、手で触ると白い粉が付いてしまう状態のことです。このような状態でクリヤー塗装をすると、色がぼやけた印象に仕上がる可能性があります。

上記に挙げた汚れ、キズと同じ理由ですが、ひびがある場合もおすすめできません。ひび割れの補修をしても塗料が透明のため、補修した跡はそのまま現れてしまいます。

さらに、光触媒や無機系の塗装剤を施していない外壁が条件となります。理由は、こういったタイプの塗装が施されている外壁は、クリヤー塗装に使う塗料が密着しないからです。

光触媒や無機系の塗装剤が施されているかどうかは、見た目には区別できないことがあります。そのために、図面などからサイディングのメーカーや名称を調べ、どのような塗装剤が施されているのかを確認しておくのが良いでしょう。

また、新築から10年以上経過しているにもかかわらず、チョーキングや色褪せなどが発生していない場合は、塗装コーティングが施されたサイディングボードの可能性が高いです。

いずれの場合も専門家にきちんと相談、確認をしていただくことが必要です。

クリヤー塗装の種類について

クリヤー塗装でよく使われる塗料は、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などがあります。

耐用年数は、ウレタン系は約10年弱、シリコン系は約10年~15年、フッ素系は約15年~20年が目安となっています。

これらクリヤー塗装は透明で色はありませんが、艶の度合いを選べます。

艶ありのタイプで塗装すれば、外壁は光沢を備えた仕上がりになります。艶の少ないタイプを施すとシックな風合に仕上がります。

なお、クリヤー塗装は劣化してくると白く濁った印象になります。早め早めのメンテナンスを心がけましょう。

クリヤー塗装の素材もさまざまありますが、UVプロテクトクリヤーは多く使われています。

セラミック樹脂を使っているUVプロテクトクリヤーは紫外線を防ぐ効果があり、外壁の劣化をおさえることができます。また親水性のため、雨によって汚れを洗い流すことができます。

防藻・防カビ性も備えているため、藻やカビなどが発生するのをおさえることができます。

外壁の劣化や汚れ、カビ菌や藻は、美観を損なう原因となりますので、長い期間、外壁を保護してくれる塗料を選ぶようにしてください。

この記事を書いたプロ

髙橋亮

髙橋亮(たかはしりょう)

髙橋亮プロのその他のコンテンツ

Share

髙橋亮プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮

明彩塗装

担当髙橋亮(たかはしりょう)

地図・アクセス

髙橋亮プロのその他のコンテンツ