まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

松林秀典プロのコラム一覧:建築家の野望(資格)

今日は一級建築士試験の合格発表日です。ついさっき発表がありました。今年は自分が講師として携わってきただけに気になっていたので、早速HPで確認。ありました!僕が指導した2人の名前がしっかりと記されていました!本当におめでとうございます!しかし、資格取得...

昨日のコラムで少し触れましたが、昨日の午後4時に土地家屋調査士試験の合格発表がありました。結果は残念ながら不合格。建築家としては一歩踏み出すことはできても、法律家としてはまだまだ国に認めてもらうことはできないようです。しかしながらこの結果を真摯に受け止めて来年度は必...

建築士にしても土地家屋調査士にしても、その他色々な資格試験において体質の古さに悩むことがあります。それは、図面や記述を手書きさせることです。最近は誰でもCADを使って図面を書き、Excelやwordなどで文書は作りますよね。そんな実務をわかりつつ、手書きで試験をする意味がある...

今日はコラムの更新が遅くなってしまいました。最近、気候の変化のせいか午前中は体調を崩していることが多く、さらに今日は日建学院の設計の講習日ということもあり、体調を優先していたらこんな時間になってしまいました。さて、今日のタイトルなんですが、いったい何の時間かと言えば一...

僕が目指している資格である「土地家屋調査士」。試験としては択一式20問・書式と呼ばれる記述式問題が2問の合計22問を2時間半で試験が行われるのですが、全部解答しても、択一式の20問である一定の問題数が解答できていないと残りの2問の採点をしてもらうことができないシステムにな...

昨日はお客様の思いをしっかりと仕事に反映することが大切といった内容のコラムを書きましたが、一級建築士試験の設計製図の課題をとくにあたっても同じことが言えるのではないでしょうか?受験生の課題の時方を見ていると、とにかくウツワの中に要求所室をキレイに詰め込むことにテクニックを...

今日は日建学院の設計講座の日でした。受講生の方達の添削をしていて思うことの一つに「設計条件の主文」を読みとれていないのではないかという点があります。今年の設計課題は「道の駅」です。設計条件主文には「道の駅の機能を持つ建物を設計する」という条件が必ず書かれていると同...

今日は日建学院四日市校で設計製図の講師をさせていただきました。日曜日の私の国家試験受験のため、交代していただいた先生の代役で四日市校へ一日限りの指導に行ったのですが、そこで嬉しい言葉を頂きました。帰りがけ、「今度は同じ一級建築士としてまたお会いしたいです」といって講習...

以前から現場は有資格者が監理すべきと提唱していますが、最近は様々な資格ができており監理者として本当に必要な資格以外にもなんとなくそれっぽい資格が増えています。私が有資格者として認めてもいいと思う資格は「国」が認めている資格であり、「民間団体」や「公益財団法人」などによって...

土地家屋調査士試験、本日受験してきました。受験の神様は私を見捨てたのか、それとも私に味方してくれたのか?今年度の試験はとても難しいものでした。必ず合格すると目指した資格です。合格通知を手にするまで、私の挑戦は続きます。今日だけは少しゆっくりしたいと思います。

明日は僕がスキルアップの一つとして目指してきた土地家屋調査士の本試験です。もともと目指したきっかけは、一級建築士・二級建築士・測量士補のいずれかの資格を持っていれば一次試験が免除になるということもあり、建築と登記という切っても切れない関係の資格ということでした。当初は...

建築業界は意外に無資格者が現場を仕切っていることが多いんです。会社としては有資格者が数名いるけど、実際の現場には有資格者がいないなんてケースもよくあります。また、有資格者であっても有資格者であることに胡坐をかいてそれ以上の知識を増やそうとしない人もたくさんいます。...

以前にもお話したことがあると思いますが、日建学院で一級建築士の受講生相手に講師をしている傍らで、自分自身も資格試験に向けて勉強しています。一級建築士の受験者も減少傾向で、日建学院の受講生もかなり少ないのですが、私自身が受験する土地家屋調査士も受験者は減少傾向で今年は昨年よ...

すみません。今日も設計製図試験について考えてます。本来なら「省エネ」とか「エコ」とかについて期待されている方も多いと思いますが、僕にとっては後進の指導も重要な要素なので設計製図試験について考察させてください。今年度の課題は「2階建て」の施設と要求があります。よく...

今日から8月というわけで、いよいよ設計製図試験に向けて講師も本格的に活動開始になりました。まずは講師会議です。今年の課題は、誰しもが見たことや利用したことのある施設であり、施設をイメージしやすいこと。二階建てであることや所要室一つ一つの面積が大きいことから、作図の...

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ