マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

言葉の力

2019年2月12日

テーマ:建築家の独り言(日記)

言葉の力って偉大ですよね。

ちょっとした言い回し一つで、相手をいい気分にさせたり、怒らせたり、泣かせたり色々なことができます。

今日もある人の言葉に、かなりイライラしてしまい、怒ってしまいました。

そんな言葉遣いについて、僕の中で意識していることの1つに、語尾を「~したいと思う」ではなく「~していきます」という言い切りにするということがあります。

というのも、「思います」と言っている間は、あくまで希望・夢であって現実化することから逃げることにつながりますが、「していきます」とか「します」という言い切ってしまうことで、自分の考えをどんどん現実化してく方向に繋げていけます。

しかも、自分で口に出した言葉であるからには、責任のある行動が必要です。

なので、その行為のために全力を尽くしていくことになります。

結果として小さな成功が積み重なり、その成功によって少しづつ成長していけます。

自信のないことや絶対無理なことをいきなり「できます!」といっても、それでは「口からでまかせ」になってしまいます。

自分がやってみたいと感じていることの中で、今の自分に必要なものをしっかりと見極め、そして「やる」と口にする。

そうすることで、自分自身を成長させることができます。

そういう僕の成長を側で見てくれている、僕が信頼をおく職人たちは僕の言葉を信じてくれます。

時に、僕の言葉がおかしい時はしっかりとアドバイスも送ってくれます。

だから、僕の現場は職人たちが迷うことなく仕事をこなしてくれています。

僕の現場は職人たちが楽しく仕事をしてくれます。

言葉の力で、たった一言でみんなが動いてくれるんです。

おそらく、現場で「こうしたらいいと思うけど、難しい」とか「こりゃ、無理や」なんてことを言っていたら、職人たちはついてきてくれません。

「ここをこうすれば、こうなるから、少し難点はあるけどお客さんに納得してもらえるからこれでいこう!」とか「厳しい現場やけど何とかなるから頑張ろう!」と言っていれば、みんなが前向きになってヤル気がアップします。

今、どうしようもなく不安のある人や、何をしていいか悩んでいる人は是非言葉の力に頼れば、必ず結果はついてきます。

僕はその言葉の力を信じて行動します。

この記事を書いたプロ

松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(有限会社松林工業)

Share
関連するコラム

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook