まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

周りのブロック塀の安全性について

大阪地震のブロック崩壊を受けて、ブロック塀の安全性についてどうやって見分けるのかを聞かれることがあります。

インターネット上でも色々な方法が紹介され、ブロックについてこれほど安全性を確認するなんてことが起きていることに驚きを感じています。

実際のところ、ブロック塀もしっかりとメンテナンスをしていないと寿命は30年程度のものです。

なので、安全点検チェックリストで安全と判断されたものでも安全を担保できるものではありません。

また、素人による外見の判断で危険と感じるようなものであれば、本当に危ないものですので、早急に修繕を考えてください。

とはいえ、危険かどうかの見分けが少しでもつけることができれば有難いと思いますので、簡単なチェック方法を何点かお伝えしておきます。

まずは高さです。

ブロック塀では一定の条件を満たせば、最大2.2mのものを構築することができます。

もちろん、基礎構造や地盤構造にもよるところがありますので、その点はご留意ください。

なので、自分の身長より高いと感じる壁は危険と考えるというのは1つの目安です。

また普通コンクリートブロックの1つの大きさは縦方向20cm、横方向40cmとなっていますので、8段以上積んであるものは危ないと考えるとよいかもしれません。

次に控え壁です。

控え壁は厳密にいえば鉄筋の構造も大切になるのですが、3.4m以内に1か所設置するという基準に達しているかどうかは、ブロック9枚分以内に控え壁があるかないかと考えて判断すると解りやすいと思います。

他にも、ブロック以外のものが土台になっている場合も危険です。

少し前までは石積みの上にブロックという施工もたくさんありました。

この施工は基礎とブロックの金欠が難しいことがありますので、危険な場合があります。

見た目で判断を考えると、目地の亀裂・ブロックそのものの亀裂・上段に積んである笠木の欠落・透かしブロックの利用・コケやカビの繁殖などがありますので、そういったブロックを見かけた場合は専門家にお声かけください。

ブロックの適正なメンテナンスは崩壊した時に他人に危害を及ぼすことを防ぐだけでなく、自宅が健全な状態で存知してもブロックが崩壊して屋内への侵入ができなくなるということを防ぐことにもつながります。

是非ブロックの適正な監理をしていただきますようによろしくお願いいたします。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ