まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

疲れ

いきなりですが、僕自身体にちょっと疲れが出てきたようです。

4月にPTA会長に就任し、5月には三重県防犯設備協会の理事就任と慣れないことが続いた上に、3~4月にかけては突貫工事が入ったりと、この数カ月休みを取る機会はあったものの、精神的に休まる時間がなかったこともあり、先週あたりから体のあちこちに疲れが出ているなという感じの症状が見られます。

人間は調子が悪くなれば、自分で気付くことができ、また周囲からも声をかけてもらったりもできるのですが、建物はそういうわけにはいきません。

風雨にさらされながら、我々の命や生活を守ってくれている建物も、人間と同じで時間と共に悪い所や疲れが出てくるものなのです。

外壁、雨樋といった外部については特に疲れや痛みが出やすい所で、普段からしっかりと状態のチェックをしていれば、メンテナンスもしやすいのですが、そういったことがなされていない空き家などについては、メンテナンスをお願いした時には手遅れなんていうケースもあります。

また、室内においても浴室のカビとか、コンセント周りのホコリなどは普段からしっかりと注意をすることで、建物を守ることにつながりますし、建物の健康寿命を延ばすことにもつながると言えます。

もちろん、建物の状態が良いか悪いかなんて、素人目で見ては判断することが難しいものです。

だからと言って、プロにいきなり相談したら、何かしらの工事をさせられるのではないかという不安も出てくると思います。

なので、必ず見つけて欲しいのが、住まいのことをいつでも相談できる信頼のおける建築屋さんの存在です。

僕は常日頃、人間に町医者がいるように、建物にもかかりつけのお医者さんが必要だと言っています。

ちょっとした相談を気軽にできて、メンテナンスの時期やするべきことを的確に助言してくれるような存在。

建築屋さんってこういった気軽さがないように思います。

人生100年時代と言われている世の中、建物もできるだけ長期間健康状態を保ちながら、一緒に過ごしていけるように、ご自身のお使いの建物の事をしっかりと考え、いつでも相談できるような相手を見つけるようにしてくださいね。

僕はそういった建物の町医者としての活動をしていますので、建物について不安や悩みがありましたら、いつでもご相談ください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ