まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

防災工作を楽しむ

今週末に小学校で毎年恒例の、地域自主防災組織による防災訓練が行われます。

それを前にダンボールを使った防災工作についてちょっと書かせてもらおうかと思います。

実はダンボールは、色々な工作ができるので便利です。

簡単なもので、便利なものを2つ紹介したいと思います。

避難所に送られてる支援物資が入った段ボールが空になったら利用できるので、覚えておいてもらえると役に立つと思います。

まず1つ目はスリッパ。

ダンボールは適度に厚みがあるため、足元にモノが散乱している場合に足の保護をしてくれます。

足の大きさより1.5倍くらいの長さで、足幅3つ分くらいのダンボールを用意してください。

足を乗せ、前の余った部分を折り返してつま先の完成。

両側を切りこみ、つま先部分をくるくる巻きこんでテープで止めれば簡易のスリッパの完成です。

ビニール袋があれば足ごと巻いてしまえば外でも使えます。

次はテーブル。

一つダンボールを潰して天板にします。

後は4枚ダンボールを用意してください。

真ん中部分に切り込みを入れて開いてこないようにしっかりテープで止めます。

それぞれの切り込みにお互いを差し込めば十字型の脚を2つ作ることができます。

その上に天板を載せればテーブルの完成です。

段ボールがあれば、避難所での生活でも簡単にテーブルが作れて、気分的にホッとできるのではないでしょうか。

ちなみに、ダンボールのカットはカッターナイフがベストですが、スパッと切れてしまうこともあり、怪我が怖いのでキッチンバサミなどで切断することをお勧めします。

週末などを利用して、家族で試しにスリッパ作りをしてみるのもいいかもしれないですね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ