まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

建物のチェック

これからの梅雨のシーズンを前に、ご自宅はもちろんのこと、月に数回程度ご自身で管理しているという空き家をお持ちの方は、必ず建物のチェックをしてください。

樋周り等のチェックをしておくと、雨漏りの発見にもつながり建物を守ることにつながります。

そこで、僕が空き家管理業務をする際に、気をつけた方がいいなと思っていることを今日は紹介していきますので、参考になさってください。

空き家はもちろん、自宅においてのチェックにも使える内容です。

まず、久しぶりに空き家の庭に入る場合は、必ず棒きれをもって振り払いながら動いてください。

何故かというと、クモの巣を破壊していかないと、からみついて行動がしづらいためです。

また、天気の良い湿気の少ない日に見ることがベストですが、雨の日や湿気の多い日に見ることで、雨のシミや害虫の活動を見ることもできますので、時折天気の下り気味の時に観察することをお勧めします。

外部面を見る際は、必ず屋根・壁・基礎といった感じで、上から順に見てください。

というのも、不具合は上部と下部に現れることが多く、上から見ることで全体把握ができ、また人間の視線の動きを考えると一度下を向くと下ばかり見てしまう特性があるので、上から見ることをお勧めします。

屋根は瓦のズレ・屋根面のゴミの状況・樋の状態を確認します。

この時、できるだけ離れたところからみることで、上の方まで見ることが可能となるので、離れてみるようにしてください。

屋根の次は軒裏です。

ここは、湿気が溜まりやすく、クモの巣なども多いので、全体をしっかりと見つつ、隅の部分をしっかりと見落とさないようにチェックします。

そして外壁ですが、ここは面積が広く、変化がよく目立つので、しっかりと見て欲しいのですが、風の吹きつける面においては釘の浮きがないか、外壁に変色が発生し、コケが生えていないかなどを確認してください。

意外と外壁にある変化として、車からの跳ね石による外壁の破損です。

これは低い場所に見られる不具合ですので、よく注意してみてください。

最後に基礎ですが、換気口の崩れや、基礎そのもののひび割れ、不自然な水たまりや汚れに注目してください。

特に基礎面に見られる白いスジは、シロアリが通る時に見られることがあります。

今までなかったのに、突然現れた場合は要注意です。

基礎を見た時は、一緒に給湯器などの設備機器もチェックしてくださいね。

保温材が破れたりしていると、冬場凍結して破裂する恐れがあったりしますので、要注意です。

空き家管理の時に、僕が初見で大切にしている項目はこういった部分です。

これは、所有者ご自身がしっかりとチェックすることが可能な内容で、この部分に違和感・不具合を感じた時に建築屋さんに相談することで、適切な処置をすることができると思います。

空き家でなくても、樋のチェックなどは定期的にしておくべきところなので、是非ご自宅でお試しください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ