まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

単位

最近2年生になる次女が、算数で定規で長さを測ることを学んできたり、4年生の長女が180°を越える角度を学んだりと、建築をしている僕にとってはなじみのあることを学習している様です。

とはいっても、建築の世界では一般的なcm・㎜はもちろん、寸・尺などの尺貫法やインチ・フィート(配管やネジはインチ系の単位が多いです)などの単位を使うこともあり、算数で習い始めの時のcmしかない問題をみると、なんだか不思議な感じになってしまいました。

また、現場においてはベテランの大工さんなどは寸・尺をよく使いますが、最近では色々なモノの企画がメートル法の単位で作られることもあり、若い監督さんや作業者が戸惑うこともしばしばあります。

さらに、建築の業界では基本単位は㎜になるため、お客様との対話で話が通じないこともしばしばあります。

100cmなのか100㎜なのかしっかりと相手に伝えないと後で大きなトラブルの原因にもつながってしまいます。

現場においてはスケールを読む時にわざわざ単位まで言いませんので注意が必要になりますね。

特殊な言い回しといえば面積や体積の単位です。

一般的には面積は平方メートル、体積は立法メートルと言いますが建築の世界では面積はヘイベイ、体積はリュウベイと言います。

これはメートルを米という字で現わすため、平米・立米という文字からこう読むようになっています。

面白いですよね。


面積の単位と言えば他にも坪・反(たん)やa(アール)やha(ヘクタール)なんていうのもありますね。

坪というのは6尺x6尺の大きさで、畳2枚分約3.3㎡になります。

そして大きな土地を現わす単位として使うのが反(たん)やa(アール)です。

1aは10mx10mになります。そして1反は10aのおよそ10倍に当たるためうまく日本に馴染む単位になったというわけです。

ちなみに1aが100㎡でその100倍がha(ヘクタール)になるわけです。

土地の単位って解りづらいので、豆知識としてご利用いただけると不動産情報などを見る時に役に立つと思います。

ちなみに、アメリカではメートル法よりもインチを使うことが主流のため、スクエアフィートなんて言う単位で部屋の大きさを表現します。(1スクエアフィート=0.09㎡)

土地はエーカーという単位で表現し、1エーカー=4000㎡になります。

4000㎡なんて言う大きさを基本単位にするなんてさすが広大な大地を持つアメリカですね。

不動産広告を単位に注目してみてみると面白いものですよ。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ