まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

失敗を恐れない

人って失敗をする生き物だと思います。

失敗をして、それを教訓に修正していくことができればその失敗は失敗でなくなるのですが、なかなか上手くいきませんよね。

そもそも失敗って何なのでしょうか。

初めから完璧にできる人っていないんです。

失敗なんてして当たり前なんですよね。

それを、恐れるから余計に失敗してしまう結果につながると思います。

考えてみてください。

失敗することって、自分があまり自信のないことや初めて経験するようなことが多いと思います。

そういう事柄って、自分の目の前に突きつけられた時、どうしても後回しにしてしまいがちになってしまいます。

そうすることで、与えられた時間も短くなってしまい、余計に失敗するリスクが高まるんです。

っていうことは、やろうと思った時に「すぐやる」という習慣を身につけることで、失敗を減らすことはできるのではないでしょうか。

つまり、失敗を失敗と考えず、経験が増えるという認識をしていけばいいんです。

経験が増えるという前向きな気持ちを持てることができれば、何事にも「すぐやる」という意識を強く持つことができ、失敗を恐れない強い心を育てることができると思います。

実を言うと、僕自身も失敗の連続で今があると言えます。

一級建築士は3回不合格を経験しましたし、土地家屋調査士は4回不合格、一級建築施工監理技術者も2回、一級土木施工監理技術者も2回不合格になっています。

それでも、合格したいという気持ちを強く持って、不合格の原因はどこにあったのかをしっかりと分析しつつ、自分に足りないものを補ってきたからこそ、これらの資格試験に合格してこれたという自負を持っていますし、仕事においても同じ失敗は2度と繰り返さないことを肝に銘じて、失敗したことについては必ず原因と足りなかった部分を自分なりに考えるようにしています。

誰にだって失敗はつきものと考えて、どんな状況におかれても前向きな気持ちで、どんどん経験を増やし、色々なことに挑戦できる人になっていきたいものですね。

そんな気持ちにさせてくれる曲を最近知ったので、一節を紹介させてください。

福山政治さんの新曲で、ドラマの主題歌にもなっている「失敗学」という曲です。

「君があこがれてる

なりたい君になれますように

負けないでください

僕らは必ず失敗するけど

そのたび立ち上がって

また勝負はそこから」

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ