まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

こいのぼり

今日はこどもの日ですね。

あちらこちらで、こいのぼりが泳ぐ風景が見られています。

今日はそこそこ風のある晴天ということで、こいのぼりには絶好の日和ではないでしょうか。

さて、そんなこいのぼりですが、「屋根より高いこいのぼり」と唱歌では唄われていますが、最近ではあまり屋根より高い大きなこいのぼりは見られなくなりましたね。

原因を考えてみると、

まず、こいのぼりを立てるような大きな庭のある様な家が少なくなったことやアパート・マンション住まいのご家庭が増えたことが1つの要因となるでしょう。

アパートやマンションでは小さなこいのぼりをベランダに立てるのが精一杯ですからね。

そして、この唱歌ができた時代と生活スタイルが変わったことも背景にあります。

昭和40年代からは2階建ての家が主流になりました。

この唱歌が歌われた時代は、まだまだ田舎の原風景が残るような時代。

つまり、平屋建ての家がほとんどという時代だったわけです。

普通にこいのぼりを立てると、屋根の上を泳ぐようなそんな時代だったんですね。

さらに、近年では天井高が高くなり自ずと家そのものの高さが高くなってきています。

また、片流れで屋根勾配を取るような家も増えているため、どうしても建物そのものの高さが高くなりこいのぼりが屋根より高く泳げなくなってきているというわけです。

こいのぼりといえば、串本の方では海中こいのぼりというイベントも開催されているそうで、海中にロープを張ってそこにこいのぼりをずらーっと泳がせているんだそうです。

ダイビングのお客様を相手にしたイベントらしいですよ。

変わり種のこいのぼりはともかくとして、お庭などに設置されたこいのぼりが、屋根より高いか低いかという視点で見てみるのも面白いですよ。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ