まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

みどりの日

今日は「みどりの日」という祝日ですね。

僕が小学生の頃は、このゴールデンウィークは「飛び石連休」と言って、4月29日が天皇誕生日、4月30日・5月1日・2日と平日で、3日憲法記念日が挟まり、4日が平日、そして5日の子供の日でしたが、1985年の祝日法の改正によって、「祝日と祝日に挟まれた平日はお休みになる」というルールができたことにより、4日は「国民の休日」という名の祝日となったということで僕自身は認識していました。

昭和天皇が崩御され、4月29日の天皇誕生日がその年から「みどりの日」という名前と変わったことはよく記憶しているのですが、いつの間にかその4月29日が「昭和の日」となり、今日5月4日が「みどりの日」になっていましたね。

近年は、成人の日や敬老の日、体育の日もハッピーマンデー法によって元々の日付から移動してしまっているので、なんとなく違和感を隠せない昭和世代の僕だったりします。

さて、そんな「みどりの日」ですがどういった意味があるかというと、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とするそうです。

それこそ、新興住宅地や太陽光発電の乱立で、自然豊かな山々がなくなりつつありますが、おかげで自然の猛威を感じるような災害も多々発生していることも事実なので、この法律の意味にあるように、自然の恩恵に感謝して、自然を守ることも大切なんだということを考えたいものですね。

昨日は、家族でグリーンカーテンなんてどうですかといった話題をこちらで書かせていただきましたが、自然を感じるという意味では、ビオトープを作るというのも楽しい経験になります。

簡単なので、作り方を紹介しておきます。

用意するもの
・プラスチック製の箱
・庭にある石
・水槽用の小さな砂利
・睡蓮
・浮草
・土
・メダカ
・小さな植木鉢

です。

すべて、自然のモノは使わず、購入してください。

というのも、自然のものを使うことはその自然の生態系の破壊につながるためです。

作る手順としては
1・箱に砂利を敷き詰め水を張る
2・睡蓮を小さな植木鉢に植え替え水を張った箱に沈める
3・適当に石を並べて鳥たちが停留する場所を作る(メダカの隠れ家にもなります)
4・メダカを買ってきて、袋のまま暫く水につけておく(水温にならすため)
5・メダカを放す

こんな感じです。

手入れは水が減ったら継ぎ足すくらいです。

最初のころはプランクトンが発生していないので少量のえさも必要かもしれませんが、ほとんど餌は必要ありません。

ちなみに、上手くいけば1カ月ぐらいで野鳥が寄ってくるかもしれませんし、夏場になるとトンボが産卵にやってきます。

注意が必要なのは、トンボの幼生であるヤゴがメダカを捕食する可能性があります。

僕は数年前、大型のヤゴに全てのメダカを捕食されるという経験をしました。

こういったものでも、簡易に自然の生態系を学ぶことができますし、緑をかんじることもできますので、残りわずかなゴールデンウィークに子供達と楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ