まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

地域との連携

今日は午前中に先日三重県のCSR・CSV研修でお世話になった、美里町高座原地域へ連携のお話に行ってきました。

僕から提案する地域との連携は、ずっと放置されている空き家の改修を体験型学習素材として利用することにより、子供たちの建物に対する興味を深めることはもちろん、これから建築を目指す学生さんや見習いの職人さんの練習素材として活用し、その空き家をベース基地として色々な人が農山漁村体験を行える場を作ること。

これにより、地域には問題視されている空き家の健全利用が可能となること、若者が地域に来ることによりこの地域の農業への興味を持ってもらい、農業を引き継ぐ人材発掘をしてもらえる可能性ができること、子供達の体験学習で力のいる作業のお手伝いができるということをお返しできるという点をメリットとして考えてはいますが、人材の面については一朝一夕にはいかない問題なんだろうなという思いもあります。

放課後デイサービスの方にも同席していただき、子供達の将来性を考えた計画であることを地域の方に伝えましたが、当然のことながら即戦力ではない子供達を受け入れることは、地域にとっては負担になる可能性もあるため、なかなか前に進めていくことは難しいのかもしれません。

全てが初めての経験で、何から手をつけていいのかということから考えていく必要があり、僕自身は建築的観点からしか力を出すこともできないというのが事実ですし、放課後デイサービスの方達は地域社会と触れ合うことによる効果を期待することと、それにより子供達の可能性が無限に広がるという期待をもつこと、そして地域にとってはどれくらいの負担がかかるかわからない状態で、どのように計画を始めていけばいいのかという不安が先走る中、今日の様なつながりを持つ時間を持てたということが何よりの成果だったのではないかと僕は考えています。

今後どのような形で動き出すか、このまま頓挫する可能性もありますが、今日のこの一歩が今後地域連携をしていく上での礎となればいいなと考えています。

建築に携わる者として、子供達がここに帰りたいと思える地域づくりの一端を担うことができれば幸いです。

今日のような場を設けてくださった、三重県農山漁村づくり課の皆様、そして快く会合の場を与えてくださった高座原地区の生産組合の皆様、本当にありがとうございました。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ