まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

異業種交流

建築家の独り言(日記)

2018年3月16日 / 2018年3月18日更新

今日は午前中、津市内で児童発達支援・放課後デイサービスの活動を行っているHARVEST(はーべすと)さんにお邪魔して、施設の見学や子供達を預かる際に気をつけてみえること等を聴かせていただきました。

発達障害と診断を受けたお子様や、そういった不安を抱えるお子様を預かっているので、普段から「できない」という目で見られていることが多い子供達に対し、「できる」ことを増やし、「できる」ことを気付かせるということに重視されていて、子供達に「できる」喜びを伝えてみえることに感動を覚えました。

親の目というのはどうしても、安全な方向へと注いでしまいがちですが、物事に挑戦して「できる」という気持ちを持つためには時には難しいことや、やったことのないことに目を向けていく必要があります。

やってみて、できなかった時にどうすればできるかを自分で考えるからこそ、本来の「やりたい」という気持ちを育むことができるし、できた時の感動は大きくなり、次の事をやってみようという気持ちを育てることにつながります。

これは子育てに一番大切な「自尊心」を育てていくのに、非常に大切なことであり、短時間のサービスの中でしっかりとこういったことを考えて支援を行っているということは、子供達にとってとても良い環境だと感じました。

建築と放課後デイサービスという全く関係のない業種が関わることでどんなことができるのかは解りませんが、子供達に建築で使う測量器具に触れることで地上絵を描かせてあげるといった体験をさせてあげることができたりしたら面白いのではないかといった話をさせていただいたりして、1時間ほどですが中身の濃い時間を過ごすことができました。

最後に子供達に、読み聞かせもさせていただき、普段の小学校や保育園の子供達とは違った環境での読み聞かせの経験もでき、本当に今後の交流が楽しみになる時間となりました。

HERVESTの山口さん、本日は貴重なお時間をありがとうございました。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ