まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

誕生日

今日44歳の誕生日を迎えました。

朝から家族はもちろん、facebookではたくさんの方からお祝いのメッセージを頂き、幸せな気持ちで過ごしております。

働き方改革というわけではないのですが、誕生日は年度末の忙しい時期ではありますが、それでも比較的ゆったり過ごすように努めています。

というのも、誕生日は自分の節目ということや、ちょうど年度替わりの時期であること、年が明けて2カ月という時期であることもあり、ゆったりとした時間を持つ中で、自分自身の目標を見直す時としています。

そんな誕生日を今年は学びの時間として過ごさせていただくことになりました。

僕が学びを続けているコーチングの先生の考案した子育てコーチングの講師養成講座が、本来であれば今日が終了回の予定だったにもかかわらず、なんと出席予定者の大半がインフルエンザ等でお休みされたということで、今日が開始回ということになり、これはまさに僕のための引き寄せと考えて受講させていただきました。

子供のほめ方・叱り方・励まし方についてを、いかに適切な言葉かけを行っていくか、子育てに悩む親に向けて話すためにはどのような姿勢で講師として伝えていくと上手く伝わるのかをみっちりレクチャーしていただきました。

今日の学びを活かして、自分自身もムダに子供を叱ることのないよう、叱るべきときはしっかりとしかれる親になっていきたいと感じます。

子育てと言えば、11月に津に来ていただく「絵本作家のぶみ」さんは、絵本の巻末にママ向けのメッセージを入れてくれていて、ある絵本に「こどものできたところは、もちろんほめて、ママがよろこぶといいけど、しっぱいしてもママはすきよっていうといいよね。」というメッセージがあります。

これ、まさにコーチングで言うところの「承認」のスキルなんです。

子供は自分の存在を親に認めてもらいたいものです。

そのために、いいことも悪いこともしてしまいます。

もちろん悪いことをしたら叱ることは必要ですが、その悪いことが本当に子供が悪いことかどうか理解できているかを親が汲み取ってあげることをした上で、叱るのかそれとも何故それをしてしまったのかを聴いて悪いことと教えてあげるのかによって、子供の自尊心の育まれ方が変わるように思います。

誕生日という節目に、今日の学びによってとても大切なモノを得ることができました。

年を重ね、親としてもわずかですが成長できた、そんな素敵な一日となりました。

今年はたくさんの目標があります。

その一つ一つをしっかりこなしていけるよう、今日を境にもう一度自分自身の行動を見つめ直していきたいと思います。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ