まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

地域の課題に触れる

今日は三重県農林水産部農産漁村づくり課が主催する事業で、三重県CSR・CSV体験型研修というものに参加してきました。

三重県内の課題を持つ5つの地域と企業が連携していくアイデアを考えるもので、5つのうちの1つに地元津市の美里町高座原地区があったということもあり、自分自身の持つ空き家管理のスキルと子育てに関する想いや知識を結びつけた事業展開を考える機会になると考え、参加させていただきました。

この地区は津市中心部から少し離れた地域ではありますが、道路も比較的利便性が良く、また平成29年4月から小中一貫のコミュニティスクールが開講された影響もあってか、なんと空き家が出るとすぐ埋まるというとても素敵な地区だということです。

空き家がないということで、僕自身の想いを叶えていく方向には進みませんでしたが、地域の方々とお話をさせていただくことで、地域の方の持つ不安や悩みを知ることができ、そんな中で自分たちができることはなんだろうと考え、挑戦していく姿を見て、子供達がこういった環境で自然学習などができれば幸せなのではないかと感じる時間でもありました。

地域の方が考える、若者離れの理由として「働く場所がない」ということが大問題とされていました。

働く場所については、交通の利便性を考えるとなんとかなるような感じもしましたし、地元でそのまま働くというのであれば、農業の収入では生活できないという発想から、農業があるのだからそこを活用して働く方法を考えるにシフトすればなんとかなるのではないかという感じもしました。

この地区では、レンコンやクウシンサイといった作物を作っている様で、こんな作物の収穫体験等は子供達が喜ぶと思いますし、獣害にも悩んでいるということなので、そういったジビエ料理を売りにすることや、綺麗な水を活かした生物環境観察といったことを売り物にするいい方法があれば、必ず地域が活性化していくと感じています。

こういったことに、建築屋としてなにかお手伝いをできることができないものか、深く考えさせられ、また色々な企業様とお会いする中で、自分にない考え方を聴くことができ、非常に勉強になる一日であったとともに、今後につながる新たな出会いもあり、非常に充実した一日となりました。

自分が今いる地域ではなく、関係のない地域を見ることで、自分の地域の課題も見つけることができ、また普段できない地元の方との対話という機会を持つことで、自分の中にある可能性も垣間見ることができるので、色々な視点を持つことはどんな職種にも共通して言えるキーワードだと思いますので、迷うことや行き詰ることがあれば、ご自身の置かれた立場と違い方に意見を求めてみるのも効果があると言えるのでお試しください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ