まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

春近付く「雨水」

今日は少し暖かい一日となりました。

スイセンや梅の花も咲き始め、春が近付いている感じがしますね。

花粉症の僕にはこの時期はかなり辛いものがありますが、それでも春は大好きな季節でもあります。

さて今日のタイトルの「雨水」ですが、なんのこっちゃと思われる方も多いかもしれませんね。

僕は実を言うと職業柄、カレンダーの六曜をかなり意識するためカレンダーをよく見ます。

カレンダーを見ていると二十四節季等も書かれていて、なんの日なんだろうと考えて楽しんでいたりもします。

昨日は二十四節季の一つ『雨水(うすい)』の日でした。

『だんだん暖かくなり、雪から雨に変わる時季』なんていう意味だそうです。

まさに昨日、今日の暖かさはこの二十四節季にピッタリですね。

二十四節季って何?という方でも、大寒、小寒や立春、立夏などは聞いたことがあるのではないでしょうか?そのうちの1つが昨日の『雨水』です。

この日には『お雛様』を飾ると良縁に恵まれると言われているので、すでに飾られている我が家のお雛様の脇にお菓子を飾ってみました。

さて、皆さんもお祝い事なんかは『大安』や『友引』を選んだり、
お葬式や仏事は『友引』にはしないなんて聞いたことがあったり、実行されているのではないでしょうか?

これって日本人の文化なんですが、『大安』だからすべてOKというわけではないんですね。

『大安』でも、『三りんぼう』に当たる日や、『とづ』、『やぶる』と言った日は棟上げには向かず、『ひらく』や『なる』、『一粒万倍日』などは吉日とされます。

さらに十干なども合わせると、本当に吉日なんていう日は年に数日しかありません。

そんな中から、お客様への引き渡しの日や建て方の日などは少しでもいい日を選ぶ努力をしています。

日本の文化でもある、二十四節季や六曜を楽しみながらカレンダーを見ていると、普段見ているカレンダーから色々な気付きを得ることもできますので、ご覧になってみてください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ