まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

立春

昨日は節分でした、そして今日は立春です。

暦の上では春が始まり、この節分が24節季の一番最初の行事でもあります。

今日の立春は躍動の春のスタートであり、冬の静寂をしっかりかみしめて春へ向けての準備を始める時とも言えるのではないでしょうか。

年度末の忙しさが始まるこの2月、ちょっとした突貫工事が始まり、また次年度への引き継ぎなども重なってかなり時間に制約がかかってきてはいますが、アクティブに動き回っているばかりでは、自分自身をしっかりと見つめる時間を取ることはできません。

最近では節分の時の「恵方巻き」が定番となっていますね。

食べる時は一言もしゃべらないというルールがあります。

恵方巻きを食べる静寂の時間は、いい意味で自分を見つめる時間になるのかもしれませんね。

ちなみに、「渡辺さん」・「坂田さん」は節分で豆まきをしなくてもいいそうです。

お二方とも、遠い昔鬼を退治した伝説のある名字だそうで、その子孫には鬼が寄り付かないそうですね。

本当なのでしょうか?

とにかく、自分の中にいる悪い鬼をしっかり追い出して、春という躍動の季節に向け気持ちをしっかり持ちたいところです。

また、暦の上では春ではありますが、2月は季節としては一番寒い時期でもあり、今週は大寒波が押し寄せてくる予報もあります。

2月の別称でもある如月(きさらぎ)というのは、着物をたくさん着るということからきていると聞いたことがあります。

近年は低体温症でなくなる方もかなり増えているということも聞きます。

実際、熱中症でなくなる方の1.5倍の方が低体温症で命をなくしているそうです。

ヒートショックなどにも注意して、室内の温熱環境についてもしっかりと考え、暖房エコを考えるのであれば、1枚余分に服を着る等して体調管理には十分に気をつけたいものですね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ