まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

欲求を持つ

いきなりとんでもないタイトルですみません。

昨日受講した企画力・ひらめき力トレーニングの講座を終えて、人間に大切なモノって「欲求」なのかもしれないと感じました。

「今のままでいい」とか、「別に欲はない」と言っていると、何もアイデアは思い浮かびませんが、「何のためにこれをするんだろう」とか「これをもっとよくするにはどうすればいいんだろう」と考えることで、色々なアイデアが浮かんでくることにつながります。

ちょっと欲求について深く考えてみたいと思います。

辞書を調べてみると次のように書いてあります。

[名](スル)
1 強くほしがって求めること。「―を満たす」
2 心理学で、生活体に生理的・心理的な欠乏や不足が生じたとき、それを満たすための行動を起こそうとする緊張状態。要求。

何かを欲しがるという観点での欲求はピンとくる方も多いとは思いますが、2つ目の意味である「行動を起こそうとする緊張状態」というイメージで欲求を考える方は少ないのではないでしょうか?

まさに2つ目の意味こそが、ひらめきやアイデアを生み出すモノにつながるのでしょうね。

仕事だけでなく、資格試験などでも同じようなことが言えます。

「自分の目指す資格が取れた」とか「今これだけの生活ができているからok」というように、「今の自分」に満足してしまうと、欲求から離れてしまい、「何かをしよう」とか「こんなことがしたい」という気持ちがなくなり、ひらめきから遠のいてしまうように思います。

「ギラギラ欲求をむき出しにしていると、嫌悪されるのではないか?」と心配になる方もみえるかもしれません。

しかし、「金くれ~」とか「アレ欲しい~」といった物欲ではなく、成長に対する「欲求」をむき出しにしているのであれば、人は皆「あの人ってすごい!」と言ってくれます。

実際にそのような方にお会いするとよくわかります。

成長欲の強い方は、立ち振る舞いや所作に素晴らしいオーラがあります。

皆さんもぜひ「欲求」について考えてみてください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ