まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

役割分担

仕事には役割というものがあります。

決して一人ですべてをやり遂げるということはできません。

適材適所に配置できれば、プロジェクトやメンバー全体の士気も上がり、仕事は大抵上手くいきます。

それが少し歯車が狂ってしまうと、「自分のやりたい仕事ができない」とか「なんか思ってたのと違う」という気持ちになってしまい、上手くいかなくなってしまいます。

そういったことがないように配置していくことが、現場での監督の役割であり、上手くいかない時はしっかり理由を説明し本人に納得させるのが監督の役割です。

僕自身は、現場で職人と一緒に作業していくことが好きでたまりません。

しかし、僕が出しゃばりすぎると、職人たちは「任せてくれない」という気持ちになりチームとして機能しなくなります。

僕の役割は「職人たちが気分よく仕事ができる環境を作ること」と「お客様の想いを正確に職人たちに伝え形にすること」そして「誰が適任かを見極めること」と、言い聞かせるようにしています。

そうしていくことで、適材適所に人員を配置することができチームとして上手く機能した時は皆が笑顔で仕事を進めることができます。

逆に、現場監督としての資質がない人は「この図面通り施工してね」と一言だけ残し現場を去ってしまいます。

こういう監督さんがたくさんいるのが現実です。

建築工事を依頼する時は展示場を見ることも大切ですが、自分が気になるメーカーさんや工務店の実際の現場を見に行くことが大切になります。

そこで、職人さんに監督さんのイメージを聞いてみることができれば最高です。

職人さんに気に入られている監督さんがいるようであればまず間違いないでしょう。

しかし、職人さんからいい言葉が出てこない監督さんの場合は気をつけておかないと、思い通りのものにならないこともあります。

役割をしっかり理解できている監督さんが現場をしっかり指揮できるような建築屋さんが、最高の建築屋と僕は考えます。

大手だから安心できるとか、品質が高いなんていうことはありません。

実際のところ、大手企業でも中小企業でも建築の業界は狭いので、同じ下請け業者を使っている場合があったりするんです。

そして、大手に使われている下請け業者のレベルが高いかと言えば、それほどレベルが高くない業者がいることも事実なんです。

なので、大手というネームヴァリューに惑わされてしまうと、本当に質のいいモノを得ることができなくなることだってあるんです。

役割という観点で見ていくと、地元の建物は地元の業者が施工するのが一番いいんです。

地元の風習や、土地の状態などを一番知っているのは地元で古くから施工している業者なんです。

そういった業者がしっかりと地元の建物を作っていくのが本来の役割だと思います。

そういった役割を担う建築業者として、自分自身の役割をしっかりと見つめていきたいものですね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ