まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

今年も残りわずかです。

今日で当社の現場仕事も無事に完了し、仕事納めとさせていただきます。

今年もたくさんの方にご指導いただき、本当にありがとうございました。

来年も、本年以上の業務ができるよう精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

さて、今年も残すところ明日の大晦日のみとなりましたね。

昨日も今日も寒かったものの、比較的天気が良かったので、大掃除がはかどったという方も多いのではないでしょうか?

さて今日は、新年を迎えるにあたり、十二支について書いてみたいと思います。

と言っても十二支の始まりは誰でもご存知かと思います。

そう、神様が1月1日に来たものから順に、役割を決めてやろうって話で、ネズミは早くから出発した牛の背中に乗って、神様の目の前でちょろっとおりて1等賞になったって言うあの話です。

ネコはネズミに騙されて、1日に行かなかったから十二支には入れず、ネズミとネコはそれから天敵となり、サルとイヌも最初は仲良く出発したのだけど、途中から競争意識が強くなり、そこから「犬猿の仲」となったという話までは聞いたことがある方も多いと思いますが、13番目に到着した動物の話はあまりご存知でない方も多いと思います。

実は13番目に到着した動物は「イタチ」で、14番目に当社苦した動物は「コウモリ」だったそうです。

そこでかわいそうに思った神様、「お前たちは年の役割を与えられないから代わりに、月の初めを「ツイタチ」と呼ぶことにし、月の終わりを「ツゴモリ」と呼ぶことにしよう。」というわけで、イタチとコウモリの名前が残っているとかいないとか。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、話としては面白いと思いますので、季節のネタとして紹介させていただきます。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ