まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

軸からブレない

いきなりですが、一級建築士の試験は6時間半という長丁場で行われます。

試験合格のためには、この6時間半という時間をいかにうまく使うかがカギになるのですが、それには自分自身の考えのブレをなくすことが大切です。

物事に失敗する時のことを考えてみると、

「これをしなくちゃいけないのにこっちをしたくなる」とか、「さっきまでこっちをしていたのにいつの間にか違うことをしている」という感じで、自分の想いからブレが出ている時が大半なんです。

物事にしっかり集中して、自分の軸からぶれることなく、やるべきことをしていれば、失敗は少なくなると思います。

じゃあなぜ「ブレ」は起きるのかを考えてみると

・自分のすべきことが見つかっていない時
・情報が多すぎて必要なものがわからない時
・優先順位を勘違いした時

こんな場合が思い浮かんできます。

つまり、しっかりと自分自身に自信を持って行動ができる時は「ブレ」がなくなるんです。

毎朝しっかりと今日自分がすべきことを考えて、最終的な今日の終わりに向けてやるべきことをしていれば「ブレ」はなくなり、無駄な行動をすることがなくなります。

毎朝のミーティングなどでも、しっかりと今日の終わりの形を見据えて行えば気持ちよいものになりますが、そういう部分が見えていないとダラダラした無駄なものになってしまいます。

また試験勉強において考えてみると、直前期になると「あんなのが出題されたらどうしよう」なんていう不安を持ってしまい、必要以上に難しいことを考えたり、練習したりしようとする方もいたりします。

ハッキリ言って、それは「ブレ」の始まりです。

直前期こそ、これまでやってきた基本を確認し、自分自身の一番自信の持てる部分についてしっかりと確認することが大切なんです。

試験だけに限らず、今日一日がどんな一日でどれだけ有意義に過ごせるかというのは、「ブレ」のない行動ができるかできないかにかかっていると考えます。

実を言うと、今日は一級建築士の受講生たちは最後の模擬試験を受験してもらいます。

模擬試験において、自分の軸をしっかりと持って考えにブレがなく、回答できるといいなという思いから、今日はこんなことを綴ってみました。

どんなことにおいても、誰もが自分の考えに「ブレ」をなくして自信を持って行動できれば最高なんでしょうね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ