まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

上手くいかない時もある

やってみたいことに挑戦すれば、必ず成功するとは限らず、上手くいかないことってありますよね。

そこで、上手くいかなかった原因を考えるか、上手くいかなかったから自分には合ってないと考えるかで、成功を手に入れられるかどうかが決まると思います。

よく言われるPDCAサイクルってまさにこれを現わしていて、まずプラン(P)をして行動する(D)。
ここで失敗しても成功しても一度はチェック(C)をして、そしてもう一度行動(A)を起こす。
こうすることによって、物事は上手く回していけるのですが、Dの後にCをせずに、「自分には合ってない」と諦めてしまう人が多いんだそうです。

「見切りが大切」なんていう方もたくさんいますが、それはある程度自分がやれることをやりきった人が言う言葉であって、一度や二度の失敗をしたくらいで出せる言葉ではないと思います。

上手くいかない時もあると考えて、何故上手くいかなかったかを考えたり、自分ができる最善策を全部やりつくしているのかを検討することもなく、見切りを考えてしまっていたら、できることもできません。

僕自身の経験では、一級建築士試験も土地家屋調査士試験も何度も繰り返し不合格となり、そのたびに自分がやってこなかったことや、やっていたけど意味のなかったことを考え、次の試験では違う道を模索して受験してきた結果、合格を掴みとることができました。

今は、自分の経験のないことに挑戦しているので、何から手をつけていいかわからないまま、自分ができることをがむしゃらに泥臭く手をつけている状態です。

上手くいくかどうかはわかりません。

しかし、今回失敗したとしても、必ず次回につながる何かを得ることができると信じて、そして挑戦したことによって得ることができるものがあると信じてひたむきに進んでいきたいと思います。

諦めたらそこで終わり、だけど上手くいかない時があるって開き直って、次の手を打てたら一歩夢への道を開くことができるのではないかと思います。

夢を諦めず、やりたいと思ったことは、どんどんやっていける、そんな自分でいたいと思う、暑い夏の一日です。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ