まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

挑戦の気持ち

個人的な活動について、思いのままに書かせていただいている土曜日です。

今週は木曜日に、コーチング講座のセカンドステップ(自分の中の位置付けです)を無事修了することができました。

当初は、講師としての心構えを身につけるという気持ちで学び始めたコーチングでしたが、せっかく始めた学びをしっかりと自分のものにしていくことを心に決め、来月からは次のステップの講座を受講する決意を固めました。

また、PTA等の活動の方も活発になり始め、毎日のように小学校で会合等が行われていますが、自分の与えられた役割は与えられたものだけでなく、自分の判断で前に進めることができそうなことであれば、先に進めながら事後申告により承認を得る様な形になってもいいので、進めていこうという気持ちで突き進んでいます。

日建学院さんの設計講座も始まり、かなり忙しい日々ではありますが、どんな状況におかれても「挑戦の気持ち」を大切に、自分自身のいけるところまで突っ走ることができれば、やりきれると信じて頑張っていきたいと思います。

というのも、先日のコーチングの最終講義で「今回の講座を受けての3ヶ月間の振り返り」ということをさせていただきました。

そこで、3か月前の自分・今の自分・これからの自分に対して思うことを聴かれたのですが、そこで思いついた言葉が、
3か月前は「想定外」、今の自分に対しては「やればできる」、そしてこれからの自分に対しては「挑戦」という言葉がスッと頭に浮かんできたのです。

おそらくコーチングを学ぶにつれて、自分の価値観が少しずつ変化しているのだと考えています。

コーチングを学び始めた当初は、「向上」という思いは強くありましたが、「挑戦」という言葉は自分の価値の中には無い言葉でした。

それだけ、たくさんの高いハードルにこの半年間はぶつかってきた証拠ではないかと僕は思います。

ハードルが少なく、低ければ「挑戦」という気持ちもわかなければ、「やればできる」という思いにはなることは無いでしょう。

今、これからの自分に思うこととして真っ先に「挑戦」が浮かんだ僕は、これから自分自身の考える以上の高いハードルに立ち向かうのかもしれません。

ですが、どんなハードルも越えられないことは無いと信じて、挑戦への思いを胸に、仕事・学び・つながり等全てにおいて、やり遂げていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ