まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

地域との連携

建築業者って比較的世間一般から煙たがられることが多いんです。

何故かって?

騒音・振動・廃棄物処理・ホコリ・交通傷害など、建築工事には一般の方にとって、迷惑となる行為が多いんです。

仕事にお邪魔するお客様には、近隣にお声かけをお願いするようにしており、長期間の工事になる時は自分達も御挨拶に伺うようにはするのですが、これもどの範囲まで行くのかが問題になるので、できる限りお客様の方でお声かけは済ませていただけると本当に助かります。

そんなわけで、知らない町で仕事を受ける時は工事までに何度か足を運び、近隣の生活状況をチェックしたりすることも大切になったりします。

建築の現場の人ってなんだか怖いってイメージがあったりするので、作業員には笑顔を大切にするように指示をしたりもしています。

色々なことに気配りしながら工事は進めますがどうしても、工事には先に述べたようなご迷惑をおかけすることがあることは、皆様に理解していただきたいと思っております。

そのように、世間の方に迷惑をかける分何か社会貢献できることはないものかと、日々考えております。

そんな思いをもつ中、先日受験したCSR検定はまさに今の僕の思いのピッタリの勉強ができたように思っています。

CSRとは「企業の社会的責任」という意味で、この社会的責任という言葉を「対応力」という風に置き換えて考えることで、企業が取り組むべき社会問題の解決策などを考えて、実践していくということがCSRなんだと僕は理解しました。

小さな企業ができる、社会問題への解決策ってなかなか簡単には思いつきませんが、小さな企業だからこそ地元・地域についてはよく知っていて、なおかつ地域の住民には顔が効きます。

そういった特性を活かして、地域に何かあった時の連携を上手く繋げる「橋渡し」的な存在として、活動していくことが、僕にとってのCSRの第一歩なのかなと考えています。

なかなか、地域に何かを提供するといったことはできませんが、ボランティア活動として参加している小学校での読み聞かせは、地域の子供達に地域の企業人の顔を覚えてもらうということで、地域連携につながると考えています。

これからの時代は、企業の社会的責任がこれまで以上に問われる時代がやってくると思います。

そんな中、それぞれのできる範囲で、社会的対応力を身につけようと努力している企業というのは信頼のおける企業として考えてもいいのではないでしょうか。

当社も、そういった企業の一つとなり、たくさんのお客様から更なる信頼を得ることができるよう、より一層努力をしていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ