まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

防災意識

季節ネタを書いている金曜日です。

今朝の新聞を見ていると、熊本地震からちょうど1年ということで、熊本地震に関する話題が多く記事となっていますね。

熊本地震の際はSNSで誤った情報が流れることがあったり、地域の団結力が薄い地域ではどこに誰が避難しているかわからず混乱を起こしたり、まだ避難できていない人がいるかの確認が難しい地域もあったと聞いています。

地域の団結力というものは、災害時にも大切になるので地域を大切にしていきたいものですね。

そして、防災と言えば僕が一番気にしているのは子どもを守ることです。

子供たちに自然の怖さ等は意識してほしいところではありますが、小学校1年生より低い年齢の子供達にはなかなか災害の恐怖を伝えることは難しいものです。

そこで、親がしっかりと子供のために準備しておくことも大切です。

避難生活において、守るべきはやはり子供です。

子供は現実に起きている状況を理解することが難しかったりするので、我慢がきかなくなりストレスが溜まってしまうことが考えられます。

子供が避難してもストレスを感じないように、日頃から子供たちとしっかり接して必要なモノを準備してあげましょう。

当然に必要となる、衣服や雨具、バンドエイド等はもちろんですが、静かに大勢で遊ぶことのできるトランプや大好きなキャラクターの絵本などを子どものための防災リュックに入れておいてあげると、子供は安心できます。

子供がストレスを感じ、泣き叫んだりすることが増えると、当然我慢をしている大人も理性が外れてしまい、いけないとわかっていても子供に対しキツイ態度を取ってしまうことも考えられます。

そういったことからも、子供を守るためにも子どものストレスが溜まらない工夫が必要です。

そして、子供一人に一つ防災リュックは用意してあげてください。この中には、それぞれの子供たちが安心できるグッズを入れたり、簡易なおやつを入れておくことで子供の気持ちを落ち着けることもできます。

また防災リュックに笛を入れておくのは効果的です。

大きな声を出すより体力の消耗を防ぎながら助けを呼ぶことができる笛は避難時には大きな効果を発揮してくれます。

100円ショップでも販売されてますので、是非ご購入を検討されてはどうでしょうか。

避難時に意味もわからず避難している子供たちを守ることは一番大切なことです。

大人とは違い、自分が今おかれている状況が理解できない子供たちを守ってあげることができるように、日頃からしっかりとした準備を進めておきたいものですね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ