まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

台風接近中

台風16号が接近しています。

これからの数時間が最も危険な状態ではないでしょうか。

各地にできる限り被害が出ないことを祈るばかりです。

今日は、長女の通う小学校は登校前に休校が決まりました。

学校長の早い判断に感謝したい気持ちでいっぱいです。

市内の他校では、午後からお迎えの指示が出たり、お昼前に給食のパンと牛乳のみを食べさせて下校といった処置をとられている学校もあったようで、朝から休校の判断をした学校長の決断は混乱を防ぐという意味では素晴らしいものであったと思います。

子供達の通う保育園でも、給食を早めるのでできるだけ早くのお迎えを協力してほしいという連絡もありました。

朝から園長先生と話をしていたのですが、小さな子供を預かる施設が休園を決定できるのは「暴風雨警報」が発令した時のみで、私立の園の場合「大雨警報で延長の判断による」とされているのだそうです。

もちろん、仕事をする親にとっては警報なんて関係なく仕事はあります。

なので、保育園が休園になってしまうことは仕事に差し支えがあることもよくわかります。

しかし、小さな子供が警報の発令される中、親と離れて保育園に預けられることについては問題ないのでしょうか。

少子高齢化に歯止めをかけるためにも、こういった場合の各企業における措置についても検討の必要があると僕は考えますし、行政としても保育園の休園についてはそれぞれの園の判断という部分において、もう少し融通のきいた措置を取れるような施策を取るべきだと思います。

これから、どんどんと土砂災害の警戒情報等も流れてくると思いますが、情報が来たから動くというのではなく、今朝休校を早々と決めてくださった学校長のように、今後の被害が予測されるという自分自身の情報の精査も大切にして、各種の情報をしっかりと受け止め、被害のないように行動をしてください。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ