まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重
松林秀典

三重県の省エネ調査機関の先駆けとして認定されたプロ

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

コラム

指導者として

今週から、指導者として民法の講義をさせていただくことになっています。

7月中の木曜日3回だけのスポット的な講師ですが、指導者として前に立つからにはそれなりの準備が必要となります。

建築に関する講義とは違い、民法の講義ということで受講者の方が不安になるような講義にならないよう、しっかりと準備したいと考えています。

民法については、自分自身あまり得意とは言えません。

その分、土地家屋調査士試験の勉強をしている時は、いかに平易に解りやすく理解していくか、そして試験に直結する知識を身につけるかに重点をおいて学習を進めていました。

そういった、自分自身の苦労した部分を、上手く受講者に伝えることができれば、今回の講師としての業務は成功だと考えています。

僕自身、色々な場面で人に指導するという機会が増えています。

建築士受験者に向けてはもちろん、建築工事の作業者への作業手順なども大切な指導の一つです。

最近は、毎週アルバイト作業員に来ていただいているのですが、いままでは軽作業を主としていたアルバイトにも、そればかりではなく、職人的な作業をさせるように指導もしています。

彼らには不具合を怖がらず、自分ができる範囲で作業を進めるように指示を出すようにしています。

そのため、後から手直しせざるをえないことも増えてはいるのですが、そうして経験を積むことで、今後彼らが大きな戦力となってくれると信じ、僕はよほど手順違いや見当違いなことが起きていない限り、彼らに任せて作業を監督するようにしています。

もちろん、それだけ任せるためには僕自身が一度やって見せることが必要になります。

「やっておいて」と言うのは簡単ですが、それだけでは作業者はついてきません。

「こうやってみれば」と一度やって見せることで、作業者は信頼して僕の思いを汲み取りながら自分なりに考えて作業をしてくれるのです。

最近は、アルバイトのメンバーも、こちらの指示の前に現場を考え行動するようになってくれているので、作業が非常に手早くなってきました。

資格試験の指導者も、有資格者だからという態度で指導すれば、受講者は「なんだかつまらない」という印象を持ってしまい、講義を聞いてくれません。

一受験者としての立場に立って、受講者の思いを感じながら指導することが大切だと考えています。

明後日の講義は、受講者に「もっと聞いていたい」と思わせるような指導をできるよう、しっかり準備をしていきたいと思います。

そして、その指導を現場でも活かしていけるように、自分自身成長していきたいものですね。

この記事を書いたプロ

松林秀典

松林秀典(まつばやしひでのり)

関連するコラム

松林秀典プロのその他のコンテンツ

Share

松林秀典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典

有限会社松林工業

担当松林秀典(まつばやしひでのり)

地図・アクセス

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

松林秀典プロのその他のコンテンツ